佐藤のサイト
氏名  :佐藤 敬二
現職  :立命館大学法学部教授
専攻  :社会法(労働法・社会保障法)
担当講義:労働法・法 学入門講 義
役職  :立命館大学教職員組合委員長
研究   ☆最近の研究内容の紹介

 「日本における非正規労働者の人権」 『日韓の法治主義の現段階と少数者保護』(2006年)107頁以下<word/pdf>
 「日本における非正 規労働者の権利保障と課題」(予定)<word/pdf/xps>
 「일본에서의  비정규적  노동자의  권리보장과  과제」공익과인권3권 2호(2006년)141페이지<pdf>
   *日本語訳「日本での非正規的労働者の権利保障と課題」公益と人権3巻2号(2006年)141頁以下
 「採用内定期間中における 労働関係と研修義務」法律時報78巻9号(2006年)109頁以下 <word/pdf>
 「解雇期間中の賃金からの中間収入の控除」民商法雑誌 135巻3号(2006年)595頁以下 <word/pdf>

 『労働法制の改編と私立大学教職員の権利』(2006年、日本私大教連)<pdf/xps>
 「職種限定契約における配転命令の可否」日本労働法学会誌111号(2007年)<word/pdf
 「生活の保障」『法学入門』(第6版、末川博編、有斐閣、2009年)<word/pdf
 「全額払い原則と賃金債権の放棄」『労働判例百選』(第8版、有斐閣、2009年)<word
 「労働関係の成立」『労働法U』(吉田美喜夫、名古道功、根本到編、法律文化社、2010年)<word
 「年少者・女性の保護」
『労働法U』(吉田美喜夫、名古道功、根本到編、法律文化社、2010年)word
 「『内定』のない内定取り消し」POSSE7号(2010年)105頁以下<word
 「若者の雇用と自立を求めて」『日本社会をどうする』(大久保史郎・高橋伸彰編、法律文化社、2011年)<word
 「チェック・オフと臨時組合費」『労働法の争点』(第4版、有斐閣、2014年)<word> 
 「社会法」『法学こと始め』(法律文化社、2015年)<pdf

 組合のQ&A 「管理職と組合員」京滋私大教連119号<pdf>  「賃金カット」京滋私大教連120号<pdf
        「任期制教員」  京滋私大教連121号<pdf
 ニュースの視点「労働契約法の下で労働条件の不利益変更を許さない取り組みを」京滋私大教連130号<pdf
 「裁判員制度の実施にあたって整備すべき課題」きかんし私大教連(京滋138号)<pdf
 「大学教員の占有するスペースの使用方法」日本医事新報4807号(2016年)<pdf
  
 合州国大学における OTT (Office of Technology Transfer) リンク集
 過年度の研究
 

教育   ☆2016年度に担当している講義・ゼミ

 労 働法(法学部/前期集中)  労 働法(法学研究科/後期)  労働法(経済学部/後期) 
 展開演習(法学部/後期)   法律学(衣笠大阪いばらき/後期)

   レポート講座:「レポート講座2002初級編(第一回第二回)」(主催:学生サポートルーム)
        「レポート講座2003」(2003年10月22日、主催:学生サポートルーム)
        「文書の書き方講座」(2007年5月20日、法学部フ レッシュパーソンズキャンプ
           「デキル人のノートの取り方」(2013年5月8日、文芸サポートプログラム
        「レポート作成」(2013年6月12日、文芸サポートプログラム

  「就職・労働と人権」『未来を拓く』(2010年、立命館大学)74頁以下<word
  「人権と立命館の歴史を辿って」『未来を拓く』(2010年、立命館大学)96頁以下<word / word

  「権力者を規制するものとしての憲法教育を」憲法を観るWebSite(2010年)<word / HP / mht
  「本書を手にしたみなさんへ(大学生になること)」<xps>「人権と立命館の歴史を辿って−京都を歩く」<xps
  『未来を拓く 2014』(2014年、立命館大学)
  「ハイタレント化社会における雇用保障」衣笠社会法学2014年版(2015年)<pdf
  「労働者のライフと企業の積極的支援−ワーク・ライフ・バランス論を超えて」衣笠社会法学2015年版(2016年)<pdf

 社会法資料集
 法 学研究に有益なウェブ・サイト(作成:佐藤)
 法 律関 連情報リンク集 *立命館大学先進的教育プログラム支援金を得て作成したもの 

 過年度 の講義・ゼミ

 

大学   ☆2016年度における立命館大学生の自主活動に関する情報

 学術・学芸系サークルの催し物         *メモ
                 前期  4月 分/  5月 分6月 分7月 分8月 分9月 分 
                 後期 10月分11月分12月分1月分2月分3月分 

「正課外活動を通じた学生の成長」父母教育後援会だより夏号(2010年)28頁以下<word / pdf

「多様な学生が学びあい成長する大学をめざして」学園通信「学生生活・キャリア形成・課外自主活動版」(2011年)<pdf

「教育開発支援センター設立前史と教育開発推進機構への期待」立命館百年史紀要第20号(2012年)<word

「発達障害者の雇用と使用者の配慮義務」立命館大学学生サポートルーム年報(2012年)1頁以下<word

「修学支援検討会報告と文科省の果たすべき役割」立命館大学学生サポートルーム年報(2013年)1頁以下<word

「特別ニーズを有する学生に対する合理的配慮と大学の責務」立命館大学学生サポートルーム年報(2014年)1頁以下<word

「会員生協トップインタビュー」京都の生協89号(2016年)10頁以下<pdf

「311+Rnetを振り返る〜成立秘話〜」立命館大学震災支援活動情報ネットワーク活動報告書(2016年)<pdf


 立 命館大学課外自主活動団体リンク集

 *過年度のイベント

 
その他
 
 各種声明  ☆2010年度における各種声明

   *過年度の各種声明
 
 各種講演 ☆近年の各種講演
 

 「改 正雇用機会均等法と雇用管理上の留意点」 (2007年3月14日、草津商工会議所)<資 料
 「公 務員の福利厚生とは」          (2008年2月7日、自治労連)
 「労 働契約法と労働条件の不利益変更」    (2008年3月27日、京都私大連協)
 「中 学生講座 はじめての法」        (2008年10月25日、アカデメイア@大阪)
 「若 年無業者の雇用対策を考える」      (2009年11月21日、立命館土曜講座)<PPT
 「労基法 上の権利行使と不利益取扱い」    (2009年12月8日、京都労働学校)
 「労災保険の特別加入」           (2012年10月23日、京都労働学校)

 「育児休業後の降格」            (2012年11月6日、京都労働学校)
 「全額払い原則と合意による相殺」      (2014年11月18日、京都労働学校)                      「今日から役立つ『36協定』講座」       (2015年6月12日、立命館大学教職員組合)

 
 *過年度の各種講演

 
 逆 リンク集 ☆本WebPageにリンクを貼っているWebPageの紹介

 立命館大学法学部検定

  2016/04/01更 新  copyright:Keiji SATO  連絡先:佐藤敬 二