教員紹介





岡尾 惠一
(おかお けいいち)

  • 専門分野
    体育学
  • 担当科目
    体育学、スポーツ技術開発論、スポーツ指導論、スポーツ方法論、スポーツの歴史と発展
  • 研究内容
    近代陸上競技制度成立史・技術変遷史
      体育学の岡尾教授は陸上競技が専門。すべての学生・生徒がスポーツ好きになってもらいたいという観点から、近代陸上競技のルールの原点を調べたところ、日本の文献では間尺に合わないことが分かり、 '84年度と'94年度の二度、スポーツの母国ともいわれる英国へ。帰国後はここで得た多くの資(史)料を基に'96年には著書の出版に漕ぎつけました。今後も、さらにこの仕事を続け、近代陸上競技の制度や技術の変遷を手がかりに各種スポーツの「ルール」と「技術」の関係を明らかにすることが研究主題です。堀川高校時代に走幅跳で全国ランキング4位となり、'61年東京教育大卒業後、8年間京都府立高校教員。国体教員の部110mハードルで3 位入賞2 度の実績も。立命大へは'69年専任講師として着任。陸上競技部コーチ、監督、男子部々長を30年に亘って歴任。'98年度新設のサービス・マネージメント・インスティテュートのスポーツ・サービス系の教育に力を注いでいます。
--------Faculty of Economics-----Rits 経済学部ホームへ 教員一覧へ
Copyright (c) 2000 Faculty of Economics, Ritsumeikan Univ.
All Rights Reserved.