立命館国際研究  学生論集


 創刊号  第2号  第3号  第4号  第5号 

○創刊号

ヨーロッパの政治協力(EPC)
 −政治統合への道のり−
冨山麻里子[安藤ゼミ]                 ( 1 )
住民運動
 −その形態と開発政策への影響−
西村 善嗣[大内ゼミ]                ( 11 )
第3世界民衆の発展をめざして
 −内発的発展の理論と実践−
丸毛 美樹[関ゼミ]                 ( 21 )
激動,ソ連国境の舞台裏
 −6万キロの国境線の行方−
小池 康宏[松岡ゼミ]                ( 32 )
コンセッションの破棄と国家責任
伊川 真理[山手ゼミ]                ( 44 )
「援助」を考える
 −日本とインドネシアを中心に−
濱元 聡子[吉成ゼミ]                ( 53 )
アジア・太平洋地域における情報通信ネットワークの確立と日本の役割
馬場 雄一[朝日ゼミ]                ( 68 )
輸入促進のすすめ
 −輸入品による日本流通機構の見直し−
山内 祐子[板木ゼミ]                ( 77 )
ブラジルの経済政策とIMF
山形 孝志[奥田ゼミ]                ( 89 )
日本とECの貿易摩擦
辻  朋宏[清水ゼミ]                (100)
韓国経済の発展と歴史的特殊性
高尾  勝[中村ゼミ]                (110)
イラン革命の再分析
 −政治文化的背景を中心に−
Sepanta Haghighi[片岡ゼミ]              (122)
法律撤廃以後のアパルトヘイト
島田 美幸[佐藤ゼミ]                (131)
男女賃金格差が意味する男女平等とは
山田 範昭[竹内隆夫ゼミ]              (142)
日本人の面子
 −歌舞伎に見る日本人−
小野恵以子[竹内実ゼミ]               (156)
トイレに見る文化と国民性
 −日本とフランスにおける考察−
山本 敦子[西川ゼミ]                (162)

○第2号

多極共存型メカニズムの可能性
栢木 秀典[安藤ゼミ]                 ( 1 )
ニカラグア内線とアメリカ
越野  威[松岡ゼミ]                ( 11 )
日米半導体協定
中村 圭子[山手ゼミ]                ( 20 )
多元主義国家日本の創造とその課題
 −多文化主義の世界的流れと日本の現状−
佐藤 真史[安斎ゼミ]                ( 29 )
NAFTAと紛争処理メカニズム
守谷  毅[堀田ゼミ]                ( 40 )
なぜ「対立」は生じるか
 −旧ソ連邦の民族問題に関連した「対立」の構成要因について−
岩本 未緒[吉成ゼミ]                ( 50 )
ブラジルの日本人移民
金子 美枝[大内・初瀬ゼミ]             ( 60 )
ポーランド人とウクライナ人
 −近代東欧における「民族自決」の理念と現実−
鈴木  顕[小野ゼミ]                ( 72 )
新国際分業システムの形成過程にある日・米・韓自動車産業
藤本 知也[板木ゼミ]                ( 82 )
台湾の金融市場における自由化
鄭  恵文[奥田ゼミ]                ( 91 )
EC統合に向けたサッチャー政権からメージャー政権への変遷
小池 洋一[清水ゼミ]                (103)
メキシコ自動車産業の発展と多国籍企業
三宅しおり[中村ゼミ]                (113)
シベリア資源開発に見る今後の資源開発の在り方
高橋 克也[唐沢ゼミ]                (124)
自由貿易協定とカナダ
 −米加自由貿易協定と北米自由貿易協定がカナダにもたらす影響−
内藤 純子[龍ゼミ]                 (133)
永続可能な発展をめざして
 −序論・内発的発展論を補完する新たな発展論の枠組みの追及−
浅野 晋司[片岡ゼミ]                (143)
モン(Hmong)人と国家
河内 美紀[佐藤・中村ゼミ]             (154)
理想の性別役割分担とは
 −男女平等実現に向けて−
吉川 貴博[竹内隆夫ゼミ]              (166)
中国を背負わされた子どもたち
森本 浩史[竹内實ゼミ]               (176)
福沢諭吉の中の朝鮮
有馬 貴司[西川ゼミ]                (187)
女性解放論をめぐって
 −日本女性史における考察−
白崎 智子[井上ゼミ]                (197)
ディズニーにみるアメリカ
 −アメリカの夢の実現とアメリカ社会−
前田 繭子[中野ゼミ]                (206)

○第3号

ODA政策決定過程
 −「援助族」議員と日本企業の役割−
坂口 武洋[安藤・小林ゼミ]              ( 1 )
インディアン保留区の教育改革
 −部族大学の挑戦−
横山 路子[山田ゼミ]                ( 21 )
メキシコ農業の近代化と多国籍アグリビジネス
今中 賢一[中村ゼミ]                ( 47 )
予測の国際政治学
後藤 正道[関ゼミ]                 ( 80 )
モザイク国家レバノンの行方
 −宗教と国家の相剋−
畑中 光子[松岡ゼミ]                ( 89 )
現代女性雑誌にみる「性役割」イデオロギー
定松由香子[吉成ゼミ]                ( 99 )
ADAにおける一考察
 −全員参加の社会(society for all)を目指して−
中島 麻恵[堀田ゼミ]                (113)
中東主要国の工業化
岡本 陽子[唐沢ゼミ]                (123)
海外直接投資にみる日米企業比較
古沢 由香[板木ゼミ]                (134)
ドイツ「マルク」と日本「円」の国際通貨化現状についての小論
千葉 勝利[奥田・朝日ゼミ]             (145)
食管制度を考える
 −コメの国内自由化をめざして−
伊佐治理津子[朝日ゼミ]               (154)
台湾における日系企業の特徴と技術移転について
揚  恒盛[森野ゼミ]                (164)
国歌
奥村 志保[西川ゼミ]                (172)
日本における外国人労働者問題についての一考察
斎藤 裕子[北島ゼミ]                (185)
前近代の朝鮮観
 −朝鮮通信使と日本外交−
柴田 礼子[竹内隆夫ゼミ]              (200)
『美の変遷』
 −歴史的にみた化粧法・美意識の変化−
木下 典子[竹内実ゼミ]               (210)
言語行動から見た留学生の日本社会への適応性
馬  淑毅[井上ゼミ]                (220)
「アメリカ的信条」の現在
道面 雅量[中野ゼミ]                (234)
任天堂のマスコミ戦略とジャーナリズム効果について
岩本 尚子[岡村ゼミ]                (244)

○第4号

地域統合とSADC
佐藤千鶴子[佐藤ゼミ]                 ( 3 )
新しい社会主義への模索
 −ドイツ・民主的社会主義党の挑戦−
柴崎みどり[南野ゼミ]                ( 51 )
通常兵器の国際移転問題
杉野 将行[小林ゼミ]                ( 69 )
1992年ロサンゼルス暴動
 −アメリカの人種民族問題の背景を探る−
藤田和歌子[山田ゼミ]                ( 94 )
1920年代アメリカの過剰資本形成
西井 宏美[板木ゼミ]                (124)
戦後日本社会と「近代化」
 −「非西洋後発社会」における「発展」のありかた−
上田あつ子[井上ゼミ]                (156)
在日朝鮮人教育の未来
 −朝鮮学校への入学減少問題を中心に−
水藤 昌彦[山形ゼミ]                (179)
Does an Improvement in Productivity Really Bring about a Positive Result in Domestic Deregulation?
市東  亘[森岡ゼミ]                (206)

○第5号

香港政治制度の変遷とその将来
 −「港人治港」についての一考察−
石井  匡[小木ゼミ]                   ( 3 )
ワールド・ミュージック
 −エスニック・ブームににる異文化への視座−
菅原 慶乃[西川ゼミ]                 ( 36 )
核抑止論の史的考察
 −その思考様式の超克を図るために−
西谷  聡[関 ゼミ]                 ( 50 )
戦後世代と戦争責任
 一般市民の歴史観形成の場−ドイツの歴史教育から
林 麻衣子[安齋ゼミ]                 ( 71 )
在外自国民救出のための武力行使について
向井 昭裕[山形ゼミ]                 ( 98 )
1870年代を境としたヨーロッパ国際関係の変容
小谷  賢[小林ゼミ]                 (112)
民主国家、新生ルーマニアの挑戦
 −超権威主義的体制から「開かれた社会」をめざして−
間島 真理[新井ゼミ]                 (133)
韓国の電子産業における半導体部品の発展と問題点
 −80年代後半から90年代にかけて−
諸橋 洋子[森野ゼミ]                 (158)
Social Forestry in India:
 Causes and Effects of Environmental Development and Social Solutions
島川 浩子                       (179)
エイズホスピスでのボランティア活動および調査報告
若生 麻衣                       (193)
『ゴミ』を作るのは誰か
 −大量消費の経済・社会構造の変換をめざして−
井原 文子[小林基礎演習]               (200)
ヨーロッパの統合
Gray Shakespeare[板木基礎演習]           (213)
ポスト冷戦期におけるこれからの日本の安全保障について
西野  藍[佐藤基礎演習]               (219)


 創刊号  第2号  第3号  第4号  第5号 

 国際関係学部トップページ

(C) College of International Relations, Ritsumeikan University, All Rights Reserved.