立命館国際研究  2巻(1989年度)

2巻1号
分類
著者
題名
ページ
論説 堀田牧太郎
ハワイ州の地域法(上)
1(1)
奥田宏司 日本の通貨別貿易収支と対米ファイナンスについての覚書
 −80年代ドル危機及び円の国際化と関連させて−
14(14)
加藤恒彦 ケネス・バーグと30年代マルクス主義批評
 −「アメリカ作家会議」での論争にたいするレントリッキアの評価とのかかわって−
37(37)
研究ノート 松岡完 歴史の中の指導者像
 −ジョン・F・ケネディーの25年−
51(51)
研究会 佐藤誠 南部アフリカ情勢の現段階と研究課題 73(73)
書評 新井健 川邊宏編『発展途上国の都市システム』 83(83)

2巻2号
分類
著者
題名
ページ
論説 奥田宏司
ドル体制下の外貨準備(1)
1(87)
加藤恒彦 『ママ・デイ論』
 −伝統と新しい黒人男女のあり方を巡って−
20(106)
安斎育郎 「こっくりさん」占いの伝統と流行 39(125)
堀田牧太郎 ハワイ州の地域法(中の1) 57(143)
吉成大志 ブレジネフ時代の日ソ関係 1978年(3) 67(153)
講演 Nathaniel THAYERS My perspection on Japan-U.S.Relation:Post,Presrnt and Future 80(166)

2巻3号
分類
著者
題名
ページ
論説 SEKI Hiroharu
Global Problematique as a Methodology of Simulation
1(173)
NISHIKAWA Nagao Quelques Reflexions sur l'Historiographie Japonaise de la Revolution Francaise -L'Etat-Nation et Son Ideologie(1) 7(179)
KARASAWA Kei Oil Price Turmoil and World Economy(1) 13(185)
研究ノート SUMIZAWA Toshiko Motherhood in Germany  -Psat and Present- 32(204)
BRUNET Andre Les Premiers Japonais du 19゚ Siecle a l'Etranger 41(213)
MORINO Katsuyoshi On the Survey of Machine Tools and Production Equipment in Japan 47(219)
講演 NOEL Emile L'Acte Unique Europeen st l'Objectif 1992 67(239)
KEITH Kent The Need for Global Education 75(247)

2巻4号
分類
著者
題名
ページ
シンポジウム  
地域研究がめざすもの
1(257)
論説 新井健 地域研究のための計量的手法 30(286)
奥田宏司 ドル体制下の外貨準備(2) 42(298)
研究ノート 片岡幸彦 急転する最近一年間の南アフリカ情勢 56(312)
翻訳 佐藤誠監訳 南アフリカによるモザンビークへの間接侵略
 −「モザンビーク民族抵抗」を名乗るグループの破壊活動についての報告(その1)−
64(320)
研究会 北島義信 80年代における南アフリカの思想文化状況 78(334)
研究会報告

国際関係学部トップページ  


(C)College of International Relations, Ritsumeikan University, All Rights Reserved.