立命館国際研究  25巻 (2012年度)

25巻1号    25巻2号 25巻3号   
25巻1号   
分類  著 者  題 名  ページ
論説   Surendra BHANDARI THE KING VERSUS THE PEOPLE:
THE ABOLITION OF MONARCHY AND CONSTITUTION MAKING IN NEPAL
1
(1)
加藤 恒彦  『聖なるゲーム』と宗教的コミュナリズム   27
(27)
小木 裕文  マレーシア華文独立中学に関する研究   71
(71)
奥田 宏司  ユーロ危機,対米ファイナンス,人民元建貿易などについて
―現代国際通貨体制をめぐるいくつかの検討課題―
91
(91) 
夏 剛  欲求階層の基礎・機微を巡る考察
──個人・集団の行動志向・選好指向の原理・メカニズムへの試掘(上)
 
121
(121) 
Ryohei NAKAGAWA  Will Current Account Surplus Matter So Much to Japan?
A Perspective from Its Savings-Investment Balance
 
 167
(167)
石原 豊一  ベースボールにみるグローバル化(3)
―北米野球のリロケート先としてのオーストラリア―
 
 185
(185)
伊藤 健一郎  靖国問題の再構成のために
―戦没者追悼とネーション―
 
 207
(207)
野島 大輔  「軍縮・不拡散教育」の理論と実際
―中等教育でのカリキュラム開発と実践報告を主眼として―
 
 235
(235)
朴 貞憙  韓国市民社会における対米関係をめぐる対立構造
―韓・米FTA 批准案をめぐる市民団体間の対立過程を事例として―
 
 265
(265)
シン・ヒョンオ  韓国における良心的兵役拒否に関する考察
―憲法裁判所の決定と国連諸機関における議論を中心に―
 
 289
(289)
【学位論文要旨および審査要旨】 321
(321)
25巻2号   
分類  著 者  題 名  ページ
論説  南川 文里 「アメリカン・コミュニティ」としての収容所
―在米日系人戦時強制収容と人種主義―
1
(351)
竹内 隆夫  東北タイにおける稲作経営の変化   17
(367)
夏 剛  欲求階層の基礎・機微を巡る考察
──個人・集団の行動志向・選好指向の原理・メカニズムへの試掘(下)
 
 37
(387)
Shofwan Al Banna CHOIRUZZAD  The Central Bank in the Development of Islamic Economy Project in Indonesia:
Role, Motivations and Moderating Effect
87
(437) 
福嶋 雅彦  国際法学における学際的アプローチに関する一試論
―国際関係学上の制度化に関する議論の検討― 
111
(461) 
伊藤 健一郎  公共性の解体と靖国問題の発生
―開かれた戦没者追悼にむけての試論―
 
 129
(479)
李 善英  植民地朝鮮における言語政策とナショナリズム
―朝鮮総督府の朝鮮教育令と朝鮮語学会事件を中心に―
 
 145
(495)
LEUNG, Ling Sze Nancy  出生地主義が提起した居住権問題
―香港の事例研究―
 
 171
(521)
菖蒲 誠 ゴーンが発揮したリーダーシップ
―CFT による暗黙知の活用―
 
 191
(541)
【学位論文要旨および審査要旨】 211
(561)
25巻3号 
分類  著 者  題 名  ページ
       加藤恒彦教授 略歴・主要著作目録  i
松下冽教授 略歴・主要著作目録   xi
奥田宏司教授 略歴・主要著作目録  xix
板木 雅彦  奥田宏司教授,加藤恒彦教授,松下洌教授のご定年にあたって  xxxi 
退職記念講義  加藤 恒彦  アメリカ黒人文学からインド文学への道
― ロヒントン・ミストリーのA Fine Balance にも触れながら―
 
 1
(571)
退職記念特別寄稿  松下 冽  市民社会と民主主義を蝕む越境型暴力
― 岐路に立つメキシコのガヴァナンス構築の視点から ―
 
 15
(585)
退職記念講義  奥田 宏司  現代国際通貨体制の分析と諸範疇の明確化
― 私の研究をふり返って ―
 
51
(621) 
論説  代田 純 イタリア,スペインの国債と銀行 73
(643)
田中 綾一  「5 つの条件」からみるイギリスとユーロ   95
(665)
加藤 恒彦 Rohinton Mistry のA Fine Balance 論
― インド国民形成のナラティブという視点から ―
 
111
(681)
Masahisa KOYAMA A Look Beyond Land-Linked Lao PDR 153
(723) 
南野 泰義  北アイルランド紛争“Troubles” の政治的起源
― 1920 年代における選挙制度改革をめぐって ―
 
167
(737) 
三宅 正隆  最適性理論の分節素目録と文法
― 共時性と音変化 ―
 185
(755)
Ryohei NAKAGAWA  A Perspective on Antinomies of Corporate Behaviors after the 1990s in Japan   203
(773)
Ryoji NAKAGAWA  The Rapid Growth of the Smartphone Market in China and the “Business Ecosystem”   219
(789)
佐藤 誠  日本人の平和認識
─ 英国学派の「多元主義」「連帯主義」論争に照らして 
 231
(801)
夏 剛 現代中国の歴史的人物の生涯や歴史的事件の発生の日時の奇妙な暗号に見る天命・天意   251
(821)
【国際関係学部研究会報告】   305
(875)
【研究活動一覧】   307
(877)
【総目次(2012年度25巻1号~3号)】

 国際関係学部トップページ