立命館国際研究  30巻 (2017年度)

30巻1号
30巻1号   
分類  著 者  題 名  ページ
論説 夏 剛 言語の異同に見る日中の「文化縁」と「文化溝(カルチャー・ギャップ)」(1) 1
(1)
加藤 恒彦 アミタブ・ゴーシュの『ガラスの宮殿』論
─ 英領インド軍将校アルジャンは、
何故インド国民軍に加わったのか? ─
19
(19)
 
OHTA, Hideaki Economic Growth through Distribution of Income in Japan: Road to Stable Growth with Progressive Income Tax System 81
(81)
 
奥田 宏司 「リフレ派」の「理論」とQQE の時期の
為替相場の規定諸要因
─「 リフレ派」の主張の変化、マネーストックの把握、原油・天然ガス輸入 ─
113
(113)
PHIMMAVONG, Kinnalone Impacts of Foreign Capital Inflows on Economic Growth in 6 ASEAN Countries: A Panel Data Analysis 141
(141)
書評 松下 冽 キューバ現代史を読む 183
(183)

 国際関係学部トップページ