立命館大学文学部 ピタッと学ぶ

哲学・倫理学専攻 人間研究学域

教学理念

哲学・倫理学は2600年の歴史を有する最古の学問です。各時代の最高の知性による思索の重層的な積み重ねが哲学・倫理学を形成しています。その学問内容は、深度、量ともに圧倒的であり、哲学・倫理学が皆さんの知的情熱を裏切ることは決してありません。存在、価値、美、自己、他者、社会、自然、生死、倫理、その他およそ人間として問わねばならない問題のすべてがこの学問の対象であり、内容です。偉大な先達の思索に親しむことによって、皆さんは世界をその根底から知り、人生の深みを見ることでありましょう。しかし同時に、哲学・倫理学はそこから未来に向けてこれらの問題の新たな可能性を創造していく学問であり、その意味で最新の学問でもあります。真の思索力は、絵空事ではなく、現実の創造力です。それを今ここで担うのが皆さんの仕事です。哲学・倫理学専攻での学びと研究の理念は、人間である自己自身をつうじて、自ら問いながら、人間と世界のあり方をめぐる上記のような問題について広い知識を獲得し、深く思索し、新たな可能性を創造する力を身につけることにあります。

専攻概要

哲学・倫理学専攻は、各時代の最高の知性による思索の重層的な積み重ねとして形成された2600年の歴史を有しています。社会情勢が激しく変化し、既存の価値が揺らぐ時代だからこそ、「人間とは何か、どう生きるべきか、世界とは何か」という人間性の在り方を見直す、根源的な問いかけが重要です。哲学・現代思想と倫理学・応用倫理学のそれぞれを系統的に学ぶことができます。

先輩がこの専攻を選んだのは?

特徴

① 洞察的な問題発見力と問う力
② しなやかで深い理解力と豊かな知識
③ 創造的で強靱な思索力
④ 論理的な表現力
⑤ 他者とともに生きる自己の力
これらを総合的に習得するために、専攻では、「見抜く」「読む/聞く」「問う」を基礎としながら、さらに「語る」「表現する」ことを重視した発信型の授業も多く展開されます。専攻では、知を「獲得する」ことが、知を「創造する」ことにつながっています。さらに、これによって、皆さん自身の知らなかった自身の生き方と生きる態度が発見・確立され、人間社会の未来を創造する道が拓かれることでしょう。

進路

深い洞察力と豊かな創造力を活かす道として、広く民間企業、教員、研究者、マスコミ・出版関係、公務員、創造性・革新性を重視する一般企業などへの道が考えられます。

カリキュラム(予定)

科目概要(予定)

哲学概論Ⅰ~Ⅳ

倫理学概論Ⅰ・Ⅱ

現象学

身体論

正義論

ヨーロッパ現代思想Ⅰ・Ⅱ

人間研究学域

人間研究学域は、哲学・倫理学専攻と教育人間学専攻で構成されます。両専攻は人文学の中心問題である〈人間〉を、根源的な次元にたち帰って捉え直し、あるいは社会的な諸事象をとおして統合的に探究します。「人間とは何か」、「生きる意味」といった今日の人間の問題に迫り、人間の可能性、人知の可能性を創造的に切り拓いていくことが、共通の課題となります。