立命館大学文学部 ピタッと学ぶ

英米文学専攻 国際文化学域

教学理念

英米文学研究は、英語という一言語の長い歴史の中で生み出された文学作品の魅力に触れながら、多様な視点や価値観を涵養すると共に、様々な時代や地域の違いを超えた人間の普遍性とも出逢う学問です。英米文学専攻は、英米を中心とする英語圏の文学作品の研究を通して、英語の言語表現の特性、作品世界を構築する文化的・歴史的背景、そして人間と社会の関係のあり方について理解を深めると共に、言語的感性を高め、異文化への眼差しを育むことを基本理念とします。
グローバル社会における共通語としての位置づけが確立された今、英語に対する需要はますます高まっています。英米文学専攻では、「英文実習」「翻訳実習」をはじめとする実習系科目を開講し、高度なコミュニケーション能力の養成も目指します。その一方で、加速する情報化・国際化の流れに真に対応し得るためには、「読む・書く・聞く・話す」といった4技能の総合的英語運用能力に加えて、他者の考えを正しく理解した上で、深い分析と学識に基づいて自らの考えを言語化する高度な表現力と論理的思考力が求められます。あまたの可能な読みの中から自らの読みを構築し、今度はそれを自らの言葉で肉付けしていく―その創造的な営為は、グローバル・リテラシーが単一の価値観を生み出す誤ったグローバリゼーションに堕すことを阻み、他者を受容し、自己を形成する、21世紀に必要とされる真の国際人の教育・育成に大きく貢献するでしょう。

専攻概要

本専攻では、英米を中心とする英語圏の文学(詩・小説・演劇)を分析し、様々な時代や地域の文化、伝統、価値観に触れると共に、それを超えた人間の普遍性について理解を深めます。「英語を」学ぶだけではなく、「英語で」文学や文化について学び、言語表現への感性を養い、異文化へのまなざしを育みます。また、国際社会で即戦力として通用する英語運用能力の習得を目指す実践的な専門科目群も豊富に用意されています。

先輩がこの専攻を選んだのは?

特徴

① 英米を中心とする英語圏の文学、及びその文化的背景について学ぶことを通して、人文学に根差した広い視野と真の国際的対話能力を持った人材を育てます。
② 高度かつ実践的な英語運用能力を身につけるために、「英会話」「英文実習」「翻訳実習」「英書講読」等の充実した専門英語科目が用意されています。本学の各種留学プログラムに参加し、卒業後も海外で活躍する学生を多く輩出しています。
③ 専門科目の多くが英語教員免許取得に必須の科目であるため、4年間で無理なく教員免許を取得することができます。

進路

民間企業(金融、商社、サービス業、製造業、ホテルや旅行代理店等の観光ビジネス、出版・マスコミ・ジャーナリズム関係)への就職、中学・高校の英語教員、海外における日本語教師、国内の大学院や海外の大学・大学院への進学への道が考えられます。

カリキュラム(予定)

科目概要(予定)

英米文学概論Ⅰ・Ⅱ

米文学史Ⅰ・Ⅱ

英書講読(Advanced)

翻訳演習

英会話I・II

英語論文演習

国際文化学域

国際文化学域は、英米文学専攻、西洋史学専攻、文化芸術専攻で構成されます。世界の成り立ちを歴史的に理解し、それを踏まえて多種多様な文化と向き合う態度を培うことが今日、きわめて重要な課題となっていますが、本学域では、芸術・文学・歴史・思想といった、人間文化・社会の多岐に関わる諸学問を横断したうえで、このグローバルな課題に対応する能力を涵養します。