立命館大学文学部 ピタッと学ぶ

国際コミュニケーション専攻 コミュニケーション学域

教学理念

国際コミュニケーション専攻は、国際的教養を備えた地球市民の育成をめざす専攻です。グローバル化・ボーダーレス化する現代世界の要請に応える知識と関心を持ち、高度な言語知識と英語運用能力を生かして国際社会の担い手となれる人を育てます。第一に、現代世界の理解に関しては、国際社会が抱えるさまざまな問題に立ち向かう洞察力と行動力の獲得をめざします。そのために、人文学的エリアスタディの一環として世界の英語圏地域を中心に広く学び、文化や民族の摩擦と共存や多元文化環境での集団と個人、複数の研究領域をまたいで学習・研究します。第二に、言語知識と英語運用能力に関しては、日本語と英語のしくみやそれらの言語の社会的役割を深く理解し、かつ活動手段として駆使できる力を身につけます。そのために、専攻独自の英語科目で言語と言語文化について学び(英語学・文化研究)、英語で情報を取得・発信し(実践的英語学習)、言語教育の役割や英語を教える(学校英語教育)ことについて研究します。最終的には卒業論文の執筆を通じて、世界のさまざまな現象を主体的に考え、論理的に表現できることをめざします。

専攻概要

英語を徹底的に学びながら、世界の文化を理解して現代についても学べる国際コミュニケーション専攻。文学部の特徴である人文学を生かしたエリアスタディや異文化理解、多文化・多言語共生に関わる学びを通して、国際的教養の習得をめざします。4年間を通じた英語のトレーニングによって、世界の人とコミュニケートできる高度な英語運用能力を身につけ、国際的に活躍できる地球市民としての能力を育成します。また、英語学、英語教育学、文化研究といった学問分野について、大学院へ進学可能な基礎学力を身につけることが可能です。

先輩がこの専攻を選んだのは?

特徴

① 英語圏文化について理解し、現代世界についても学べる国際指向のカリキュラム。
② 4年間を通じた英語のトレーニングと英語で学ぶ科目配置による英語運用能力の獲得。オレゴン大学やサザーン・クイーンズランド大学での集中的な短期留学の活用。
③ 世界の言語教育・言語事情を見据えた学校英語教育に関する先進的な学び。
④ 学問横断的なエリアスタディや異文化理解、多文化・多言語共生に関わる学び。

進路

民間企業の国際部門、マスコミ、出版、ジャーナリズム、新聞、広告、中学校・高等学校の英語科教員、教育関連機関、国連職員、国際協力 機関、NGO・NPO、外資系民間企業、大学院進学(国内、海外)への道が考えられます。

カリキュラム(予定)

科目概要(予定)

マルチリンガリズム概論

英語圏研究概論

国際移動論

英語教育リサーチ・メソッド

翻訳研究

Thesis  Writing

コミュニケーション学域

コミュニケーション学域は、言語コミュニケーション専攻と国際コミュニケーション専攻で構成されます。ことばとコミュニケーション(日本語・英語)は人と社会のかなめとなる存在です。本学域ではことばとコミュニケーションを実践を通して深く学びます。さらに、人と文化、社会にかかわる多様な学びを通して、異文化を理解する力と英語力を身につけ、文化的実践を担うことのできる人材を育成します。