立命館大学文学部 ピタッと学ぶ

日本史学専攻 日本史研究学域

教学理念

100年前に生きていた人で今日我々が直面している社会の状況を的確に予想できた人はおそらく一人もいなかったでしょう。同様に現在のわれわれが、100年後の世界を正確に予見することも不可能です。しかし、その在り様を誰も予見できなくとも、変えたくとも変えようのないもの、あるいはわれわれが失ってはいけないものは確実に存在します。それは何なのか。歴史学はそうしたことを時間の流れの中で考え抜く学問です。そのためには歴史上の事象に対する鋭敏な感性と細やかで入念な観察力、深い思考力が求められます。 幸い本学の日本史学専攻はこれまで民衆史・文化史・女性史・部落史などの分野における伝統と蓄積を有しています。本専攻はそうした豊かな蓄積を尊重しながら、政治・経済・社会・文化・思想などにわたる歴史上の事象を対象に、過去の固定観念に囚われることなく自由に思考し、その意味を説き明かすことを目標にします。 簡単に社会の風潮に迎合したり、表面的な雰囲気に流されたり、新規の情報におぼれたりするだけでは大学で学んだ意味はありません。深い歴史的知性を宿した自律的な人間が今こそ求められていると言えるでしょう。

専攻概要

文献史料を主たる資料とし、国際的な歴史学、周辺諸学の動向にも目を配りながら、古代から近現代までの日本の歴史を政治・社会・文化・対外関係などの諸分野にわたって幅広く学習・研究します。必要に応じて絵画資料、もの資料、聞き取りなど文字史料以外の諸資料も有効に活用しつつ、幅広い視野から日本史を見つめる目を養います。

先輩がこの専攻を選んだのは?

特徴

① 古代史から近現代史にわたる時代の、政治・社会・文化など幅広い分野を、それぞれ学問的個性豊かな専門のスタッフや諸先輩に囲まれた充実した環境のもとで、最先端の方法論や研究成果に触れながら入念に学習できる。
② 文化史や民衆史の重要性に新たな光をあてた立命館史学の豊かな蓄積の中で、さらに同じ日本研究学域のなかにある考古学・文化遺産専攻の研究成果などに間近に触れながら学習を進めることによって、豊かな歴史像を作り上げることができる。
③ 歴史資料や遺物の宝庫であり、また歴史研究の豊かな伝統とネットワークを持つ京都の地において、それらの息吹に間近で触れながら、地域の中に深く根ざし、地域とともに歩んできた歴史についての考察を深めることができる。
④ 他のアジア地域の大学や近年の増加しつつある留学生との学術・研究交流を通して、歴史を批判的に再検証し、またこれからの時代に必要な世界的な視座をもった歴史像の構築を目指すことが出来る。

進路

マスコミ・出版関係・旅行業界等の各種民間企業、小中高教員、公務員、博物館学芸員、文化財保護行政、研究者、大学院進学への道が考えられます。

カリキュラム(予定)

科目概要(予定)

日本史概論Ⅰ・Ⅱ

日本史総説Ⅰ~Ⅵ

日本史学の視点Ⅰ~Ⅳ

古文書学

日本史史料講読演習

日本史特殊講義

日本史研究学域

日本史研究学域は、日本史学専攻と考古学・文化遺産専攻で構成されます。主として文字で書かれた史資料を対象とする方法と、遺跡や遺物を中心とする文化遺産を対象とする方法が、相互に研究成果をとりいれながら、新しい日本史像を構築します。歴史研究をつうじて明らかにされる政治・社会・文化の諸問題は、現代社会を解く鍵ともなるでしょう。