立命館大学文学部 ピタッと学ぶ

現代東アジア言語・文化専攻 東洋研究学域

教学理念

中国・朝鮮半島・日本によって構成される東アジア地域は、漢字文化圏としての共通性を基礎に、人々の直接的往来を通じた深い文化的交流を行なってきました。近年では、人・モノ・資本・技術の国境を超えた移動が進み、錯綜した様相を見せながらも、東アジアという 大きな枠組での経済・文化圏(東アジア共同体)が構想されるまでに至っています。 本専攻では、越境が進みつつある東アジアという視点から、ダイナミックに変容する中国(台湾を含む)と朝鮮半島における現代的課題について専門的に学びます。現在、東アジアでは、「華流・韓流・日流」が流行語になっているように、大衆文化などを通じた相互交流が活発に進んでいる一方で、過去の歴史や冷戦体制によって生じた未解決の問題も数多く残されています。今後、活発な学域内交流を通じて文化の共通性を再発見し、21世紀的な価値観を創造しながら、様々な問題を平和的に解決していくことが期待されています。 本専攻では、中国語または朝鮮語の実践的なコミュニケーション能力を培いながら、同時代の東アジア各地域における文化や社会、歴史に対する理解を深めます。また、東アジアの人々と直接触れ合う現地実習プログラムを通じて、異文化理解と多文化共生について体験的に学びます。こうした実践的な学びを通じて、21世紀のアジア新時代を担い、国際的な舞台で活躍できる人材の育成を目標とします。

専攻概要

中国・朝鮮半島そして日本を中心とした「東アジア共同体」という構想があります。それはEUにも相当する可能性を秘めていますが、本専攻では、その中国・朝鮮半島の現代文化(文学・映画・ドラマ・アニメ・言語・歴史など)を対象に、東アジアの共通性と多様性を学びます。中国語・朝鮮語の実践的なコミュニケーション能力を身につけた、グローバルな東アジア人を育成します。

先輩がこの専攻を選んだのは?

特徴

① 東アジアの現代的課題を、文化的・歴史的に広く理解できる能力を育成します。
② 朝鮮半島と中国(台湾を含む)が直面する課題を、文化(文学・サブカルチャー・現代史など)的視角から深く検討できる能力を育成します。
③ 現地実習・遠隔講義などを通じて実践的な中国語・朝鮮語コミュニケーション能力を養成します。
④ 東アジアの現代的課題への考察を軸とした4年間にわたる小集団教育によって、自ら問題を発見し解決していく能力を育成します。

進路

貿易・商社・マスコミ・出版・旅行・金融・百貨店・流通などの各種民間企業、東アジア地域の国際機関、小中高教員、公務員、大学院進学への道が考えられます。

カリキュラム(予定)

科目概要(予定)

現代東アジア言語・文化概論Ⅰ~Ⅲ

東アジア現代文化論Ⅰ

東アジア現代文化論Ⅱ

東アジア遠隔講義Ⅰ・Ⅱ

中国現地実習/韓国現地実習

専門外国語・中国語 専門外国語・朝鮮語

東洋研究学域

東洋研究学域は、中国文学専攻、東洋史学専攻、現代東アジア言語・文化専攻で構成されます。アジア諸国の発展にともなって、わが国には現在、新たな国際戦略が求められていますが、中国・韓国を中心とする東アジア地域を地理的範囲とし、その歴史や言語、伝統的文化から現代の文化までを幅広く研究対象とすることで、この現代的要請にも応えることができるでしょう。