立命館大学文学部 ピタッと学ぶ

徹底した小集団教育

小集団教育とは、少人数(20〜35名)のクラス単位で実施される教育で、立命館大学の教育システムの特長となっています。文学部ではこの徹底した小集団教育を軸に、専門教育を実施しています。文学部では、1〜4回生(本学では学年を「回生」といいます)のそれぞれの学年に小集団の授業を設置して、入学から卒業まで小集団授業で専門教育の指導を受けることができます。小集団授業の内容は、回生や専攻によって異なりますが、概ね以下のとおりです。