期待する学生像

地域研究学域は、地理学、地域観光学、京都学の3専攻で構成されます。それぞれの学問領域の立場からフィールドにアプローチし、地域の特徴ある諸現象を捉え、さらに現代的な諸問題の解決することが出来る人材を育成します。本学域では、具体的に以下のような学生の入学を期待しています。

  1. 世界、国家、また地方や市町村レベルなど様々なスケールで定義される「地域」を多面的に考察することの重要性を理解し、さらに地域研究に幅広く関心を持っている学生
  2. 人文科学や自然科学に関する幅広い知識を有し、それらを最大限に生かして地域の特徴を考察することの出来る学生
  3. 自分にとって身近な地域のみならず、国外を含めた未知の地域に対しても好奇心を持って研究に取り組むことが出来る学生
  4. 地域研究に必要不可欠なフィールドワークを実行する行動力と好奇心を備えた学生
  5. 地域研究に必要なコンピュータスキルやその他専門的技術スキルを積極的に学ぶ意欲を持った学生
  6. 卒業後、地域研究学域で学んだことを生かすことの出来る職業(公務員、研究者、高校地理歴史科教員、交通・鉄道・旅行産業、コンサルティング等)に就きたい学生

地域研究学域に入学を希望する学生は、自ら過去の文献を考察した上で研究テーマを決定し、自らの力でフィールドワークを通して観察し、さらにそれを分析した上でまとめるという一連の研究作業を遂行するために必要な、読む・書く・聞く・話す、という四つの基本的スキルを入学までに身につけておく必要があります。なお、高校の地理歴史・公民科の選択した科目によって、地域研究学域での学びに対する理解度が大きく左右されるということは決してありません。高校までの知識も大切ですが、何よりも重要なのは、地域研究を行う意欲と行動力であります。