大学院 文学研究科
行動文化情報学専攻 地理学専修(博士課程前期課程・博士課程後期課程)

4年間の学生生活を通じて、より高度な研究を志す学生には、大学院博士課程前期課程への道が用意されています。地理学専修に進学した大学院生は、教員からのサポートを受けながら、修士論文・博士論文の執筆を行っていきます。地理学専修は、文部科学省が指定するグローバルCOEプログラムに参加した経験があり、世界的にも最先端の研究を推進しています。

博士課程前期課程では、研究者を志望する人だけでなく、教員や公務員などの高度職業人を目指す人や高度な教養を身につけることを目標とする人など、大学院生の多様なニーズに対応できるようなカリキュラムが用意されています。大学院では、中高教員志望者のための模擬授業を含む教科教育演習や、文学研究科の共通科目としてのデジタルアーカイブ・統計解析・語学などのツール系科目も開講されており、より深く高度な学びが可能です。
博士前期課程終了後は、後期課程への進学のほか、高校教員や公務員、企業への就職などの道が開かれています。

詳しくは、立命館大学大学院文学研究科ホームページ(外部サイト)をご覧ください。