第106号~第110号



               
タイトル タイトル2 著者 発行年月
女性作家の見た〈南方〉 林芙美子と佐多稲子のスマトラ 鳥木圭太 106 1-16 2017年5月
個食の光景 吉本ばなな『キッチン』の家族 泉谷瞬 106 17-33 2017年5月
禧美智章著『アニメーションの想像力―文字テクスト/映像テクストの想像力の往還―』 西田谷洋 106 35-38 2017年5月
松本孝三著『北陸の民俗伝承 豊穣と笑いの時空』 山本淳 106 39-43 2017年5月
秦重雄・家長知史・岩井忠熊著『『永遠の0』を検証する ただ感涙するだけでいいのか』 小原亨 106 44 2017年5月
丸山顕徳編著『大和の歴史と伝説を訪ねて』 林ひかり 106 45 2017年5月
研究室だより 小椋秀樹 106 1 2017年5月
三島由紀夫・方法としての貴種流離 昭和三十年前後・「鰯売恋曳網」「海と夕焼」を中心に 花﨑育代 107 1-16 2017年12月
劇場の外の「風流」から歌舞伎を考える 赤間亮 107 17-25 2017年12月
雑誌『大陸』(改造社)総目次 一巻一号(一九三八年六月号)〜二巻五号(一九三九年五月号) 和田崇 107 27-46 2017年12月
橋本正志著『中島敦の〈南洋行〉に関する研究』 楠井清文 107 47-51 2017年12月
田口道昭著『石川啄木論攷 青年・国家・自然主義』 水野洋 107 52-56 2017年12月
島木健作論考 『赤蛙』を中心に 福島拓也 107 57-65 2017年12月
西園寺文庫蔵『新院御会部類集』について 中島結香 107 67-78 2017年12月
冷戦・劣等意識・人種差別 安岡章太郎のアメリカ留学 安藤陽平 108 1-15 2018年5月
安部公房「赤い繭」論 変形を続ける皮膚と身体認識 岩本知恵 108 17-31 2018年5月
小林幸夫著『説話と俳諧連歌の室町―歌と雑談の伝承世界―』『西行と伊勢の白大夫』
『鮭の神・立烏帽子・歌比丘尼―伝説・縁起・ハナシを尋ねる―』
山下久夫 108 33-37 2018年5月
追悼・安森敏隆先生 中西健治 108 39-43 2018年5月
研究室だより 中本大 108 1 2018年5月

 

目次 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22