哲学・倫理学専攻教員自己紹介

先生方の詳細な研究情報については、立命館大学研究者学術情報データベースをご利用下さい。

谷 徹 教授(現象学、現代哲学)谷徹教授 プロフィール→

「私と他者との関係」を考えたいという思いから哲学を志しました。
大学では、当時注目を集めていたサルトルを学び、さらにメルロ=ポンティに関心をもちました。大学院では、彼らの哲学に基礎を与えたフッサールに引かれ、またハイデガーの存在論に視野を広げました。その後、デリダやフーコーにも興味をもつようになりました。こうした経緯から、今は「私」と「他者」と「存在」とのあるべき関係を模索しています。

谷教授の著作 これが現象学だ『これが現象学だ』(講談社現代新書)

『意識の自然』(勁草書房)
翻訳:フッサール『ブリタニカ草稿』(ちくま学芸文庫)

北尾 宏之 教授(倫理学、カント哲学、応用倫理)北尾宏之教授 プロフィール→

価値観が多様だとされる現代社会にあっては、個人の自由が尊重されると同時に、逆にそれが原因となってさまざまな争いが起きているといってもよいでしょう。そうしたなかで、善悪や正義といった問題を、いかなる根拠によって語りうるのかという問題に、カントの道徳哲学および現代においてその系譜に属する倫理学説、さらにそれに対抗する倫理学説を手掛かりにして取り組んでいます。また、既存の道徳・価値観の有効性が問い直されるという意味で、生命倫理や環境倫理にも取り組んでいます。

北尾教授の著作 なぜ悪いことをしてはいけないのか『なぜ悪いことをしてはいけないのか』(共著・ナカニシヤ出版)
『生命倫理の現在』(共著・世界思想社)

伊勢 俊彦 教授(英語圏を中心とした近現代哲学)伊勢俊彦教授 プロフィール→

人間の精神的な側面と、他の生き物と共通する生命活動の側面との関係を、モンテーニュ、デカルトからヒュームにいたる近世哲学者の著作や、現代の人間論や生命論を参照しながら考えています。
2011年から12年にかけて、ヒュームの哲学的主著である『人間本性論』の第2巻「情念について」、第3巻「道徳について」の共同訳を出版し、「道徳について」の解説を執筆しました。

伊勢教授の著作 HUMU 人間本性論 第3巻 道徳について『ヒューム読本』(共著・法政大学出版局)
『知識と実在』(共著・世界思想社)
『イギリス哲学・思想事典』(項目執筆・研究社)
翻訳:ヒューム『人間本性論 第2巻 情念について/第3巻 道徳について』(共訳・法政大学出版局)

加國 尚志 教授(フランス哲学、フランス現代思想)加國尚志教授 プロフィール→

フランスの哲学者メルロ=ポンティを研究しながら、知覚、身体、他者、言語、芸術の問題とともに、現代社会における人間性の危機からの回復の方法を考えたいと思います。
2002年3月に出版した『自然の現象学』は、朝日新聞・読売新聞の書評で取り上げられました。
現在は、自然の問題にとどまらず、絵画表現や文学の言語と哲学の問いの交差の可能性を探求しています。

加國教授の著作 哲学の歴史『哲学の歴史12』(メルロ=ポンティの章・中央公論新社)
『自然の現象学』(晃洋書房)

翻訳:デリダ『触覚、ジャン=リュック・ナンシーに触れる』(共訳・青土社)

林 芳紀 准教授(倫理学、応用倫理、政治哲学)北尾宏之教授 プロフィール→

哲学者/倫理学者と呼ばれる人の仕事とは、何でしょうか。文学者、心理学者、社会学者、歴史家、宗教家などと比べて、それはどう違うのでしょうか。そもそもどういう人ならば、哲学者と呼ばれるのでしょうか。「経営哲学」や「人生哲学」を語る大企業の社長やスポーツ選手、有名人はたくさんいますが、この人たちもまた哲学者なのでしょうか。

おそらくこれらの問いに対する答えは、人によって千差万別でしょう。しかし、少なくとも私自身は、いまのところこう考えています。つまり、哲学者/倫理学者の役割とは、同時代の人々が直面する漠然たる不安や閉塞感、心の引っかかりなど、他の自然科学・社会科学諸分野ではうまく取り扱えない「モヤモヤ」を丹念に拾い上げ、その正体をできるだけはっきりとさせることで、解決の糸口にすることだと思っています。

答えを出すことよりもむしろ問題をはっきりとさせること、いままで誰も試みたことのない切り口から問題を設定することに重点が置かれるというところが、哲学/倫理学研究特有の面白みではないでしょうか。このような問題意識から、特に生命倫理、スポーツ倫理などの応用倫理の問題や、社会正義などの政治哲学の問題をめぐるモヤモヤについて、日々考えています。

林准教授の著作 入門・医療倫理『入門・医療倫理2』(共著・勁草書房)
『公共性の哲学を学ぶ人のために』(共著・世界思想社)
『応用倫理学事典』(スポーツ倫理分野の編著・丸善)
翻訳:サンデル『完全な人間を目指さなくてもよい理由―遺伝子操作とエンハンスメントの倫理』(共訳・ナカニシヤ出版)

亀井 大輔 准教授(フランス哲学、現代思想)亀井大輔准教授 プロフィール→

「脱構築」の思想を生み出した、フランスの哲学者ジャック・デリダを主に研究しています。
デリダ哲学の成り立ちや背景を探るために、フッサールやハイデガー、レヴィナスなどにも関心を広げています。
これまでの研究で、言語と他者、時間と歴史、暴力と正義といった問題に出会い、今も格闘しています。
これからも、現代の思想状況に刺激を受けながら、デリダ思想の可能性を追究していきたいと思っています。

亀井准教授の著作 デリダ、脱構築を語るPHENOMENOLOGY2010 vol.1(共著、Zeta Books)
『文明と哲学 第3号』(共著、燈影舎)
翻訳:『デリダ、脱構築を語る』(共訳、岩波書店)

日下部 吉信 特別任用教授(ギリシア哲学)日下部吉信特別任用教授 プロフィール→

初期ギリシア哲学から600年の西洋形而上学を問い直すという見地でギリシア哲学を研究しております。そのため初期ギリシアの資料集であるディールス・クランツを訳し、『初期ギリシア自然哲学者断片集』123(ちくま学芸文庫)として出版しました。また『ギリシア哲学と主観性』(法政大学出版局)を著し、西洋哲学を「主観性の形而上学」と断じて批判したハイデガーと同様な見地から、西洋哲学に問題提起を行ないました。今後とも、西洋哲学を「主観性原理と存在の巨人闘争」の歴史と見る見地から、存在の真理の発掘に努めて行きたいと考えています。

日下部教授の著作 初期ギリシア自然哲学者断片集『ギリシア哲学と主観性』(法政大学出版局)
『シリーズ・ギリシア哲学講義』(全4冊)
翻訳:『初期ギリシア自然哲学者断片集123』(ちくま学芸文庫)

PageTop