お知らせ

【立命館大学哲学会・大会のお知らせ】


立命館大学哲学会は、来る11月4日(土)に、年次大会を開催いたします。
本年度の大会では、小島優子先生(高知大学准教授)によるご講演、加國尚志先生(本学文学部教授)の新著『沈黙の詩法--メルロ=ポンティと表現の哲学』の書評会、本学の若手研究者による研究発表等、盛りだくさんの企画を用意しております。
事前申込不要、入場無料となっておりますので、関心をお持ちのみなさまのご参加を、お待ち申し上げております。

(日時)
2016年11月4日(土) 13:00~17:50

(場所)
立命館大学衣笠キャンパス 末川記念会館第三会議室


(プログラム)
【研究発表】(13:00~14:00)
・西川健太氏(本学大学院文学研究科博士前期課程)
「「語り」と「語ること」から考察する他社への「贈与」――レヴィナスの他者論から考察する――」

【書評会】(14:10~15:40)
加國尚志著『沈黙の詩法――メルロ=ポンティと表現の哲学』 書評会
評者:佐藤勇一先生(福井工業高等専門学校准教授)
横田祐美子氏(本学大学院文学研究科博士後期課程・日本学術振興会特別研究員(DC))
酒井麻依子氏(本学大学院文学研究科博士後期課程・日本学術振興会特別研究員(DC))

【講演会】(15:50~17:50)
講演者:小島優子先生(高知大学准教授)
演題:「ヘーゲルにおける「償い」の思想」(仮題)

※なお、「末川記念会館」は以下のキャンパスマップ「24番」の建物となります。

立命館大学衣笠キャンパスへのアクセス →
衣笠キャンパス・キャンパスマップ→

PageTop