第646号

立命館文学


藤巻 正己
望月 昭教授 略歴 主要著書・論文目録
長期間にわたる準自然場面における
ハト(Columba livia)の摂食と摂水行動の時系列分析
藤 健一
斜面をつくるきめの勾配刺激の複合性
―J. J.ギブソンの遺した課題―
東山 篤規
匂い手がかりが自伝的記憶の特定性におよぼす影響 星野 祐司
林 明日香
効果器の違いが運動抑制に与える影響 土田 宣明
高校「倫理」教科書からの思想形成過程の理解に対する支援可能性
―段落分け方略を介した支援の観点―
山本 博樹
織田 涼
小島 淳一
知的障害者の就労場面における役割設定の効果
中鹿 直樹
川村 徹也
研究ノート ソーシャル・アンコンシャスはどのように語られるか
―東日本大震災関係者の相互支援グループの例―
藤 信子
暴力臨床論の展開のために
―暴力の実践を導く暗黙理論への着目―
中村 正
長期「ひきこもり」への行動分析学的理念に基づいた援助
―ファーストステップ・ジョブグループ(FSJG)の実践―
上田 陽子
訪問リハビリテーションにおける言語聴覚療法実践についての一考察
―「ケア」と「援助―援護―教授」機能連環の視点から―
安井 美鈴
日本における中国自閉症スペクトラムのシステムに関する研究
呂 暁彤
徹底的行動主義は仏教から何を学ぶべきなのか? 渡辺 修宏
森山 哲美