立命館大学

あなたの可能性を
経営学研究科で
伸ばしてみませんか

立命館大学大学院 経営学研究科では、これまでの経営学の体系的な学びを深めることに加え、「これからの経営学の可能性」を追究しています。そのために、世界・日本の学術・研究をリードする教授陣と実践的なプログラムを用意しています。あなたの将来の可能性をさらにここで伸ばしてみませんか?

Design Management

デザイン・マネジメント研究で
日本をリードする

Apple社などに代表されるデザインを戦略の中心に置いた企業の台頭により、今やデザインが企業の競争優位を高める重要な経営資源となっています。このデザイン・マネジメント分野は、企業での実務が先行しており、体系的な学術研究を行う機関は国内にはまだほとんどありません。この研究分野をリードしているのが、立命館大学大学院 経営学研究科です。

大企業との協働における製品開発はもちろん、地域コミュニティの再生・創造、伝統産業の再活性化、先進的な技術やサービスを推進する中小企業との連携をもとに、実践的な研究と教育に取り組んでいます。特に本研究科は、EUのイノベーション政策において取り入れられている「デザイン・ドリブン・イノベーション戦略」について、イタリア・ミラノ工科大学との連携のもと、日本で唯一、理論的・実践的に研究・教育している大学院です。

さらに、「立命館大学DML(Design Management Lab)」や「イノベーション・アーキテクト養成プログラム(EDGE+R)(文部科学省「次世代アントレプレナー育成事業」採択事業)」と連携し、研究と実践的な教育の高度化をはかります。

八重樫文教授
ミラノ工科大学ほか海外研究機関との国際共同研究によって、ヨーロッパおよび世界のデザイン・マネジメントの知見を日本社会および企業経営に展開する事業を進めている。
研究分野
デザイン論/デザイン・マネジメント論/デザイン・ドリブン・イノベーション
デザインマネジメント研究
イノベーション・アーキテクト養成プログラム Design Management Lab

Glocal

グローカル人材を目指す

立命館大学大学院 経営学研究科では、グローバル人材になるための10科目におよぶ基礎から高度な英語専門科目(特殊講義を含む)を擁すると同時に、地域に根ざした中小企業、観光、ホスピタリティ・マネジメント、デザイン・マネジメント、環境マネジメントなど世界と日本のローカル(地方)を担う人材を育成するゼミや講義科目も擁しています。2018年度から大阪府中小企業家同友会からの寄附講座を受け入れ、中小企業経営者による連続講義も予定しています。

「グローカル人材」とは、国際社会で通用する能力やグローバルな視点をもちながら、世界各国や日本の地域社会・地域経済(ローカル)の活性化および持続的発展に貢献する人材です。グローバル化を担うリーダーとして活躍したり、地域の魅力を世界に発信して地域と世界のマーケットとの架け橋になったりするなど、将来の世界および日本の社会と地域経済を創る新しい人材像として期待されています。

RAUPACH SUMIYA JORG 教授
再生可能エネルギー事業が地域に与える経済効果に着目した研究を進める。日本シュタッドベルケネットワーク代表理事。
研究分野
国際産業論/再生可能エネルギーを中核している分散型エネルギー・システムへの転換/エネルギー転換による地域経済付加価値分析
田中幹大 教授
中小企業の自立性の拡大と事業継承問題の解消に提言するような、日本の中小企業の未来を切り開く指針を示すための研究を進める
研究分野
国内産業集積/地域企業の現状分析/発展展望に関する研究

観光分野:石崎祥之 教授、ホスピタリティ分野:近藤宏一 教授、アントレプレナー分野:黒木正樹 教授、異文化経営分野:SCHLUNZE ROLF DIETER教授、産業心理分野:小久保みどり 教授、原発の会計問題:金森 絵里 教授、環境会計:東健太郎 教授、非営利組織論:小島愛 准教授、経営倫理論:劉慶紅 教授、技術と公害問題:中村真悟 准教授、など。

Research Career

リサーチキャリアを築く

立命館大学大学院 経営学研究科では、これまで多数の優秀な経営学研究者を育成してきました。立命館大学だけでなく、多くの大学の研究・教育の場において活躍されています。また、公認会計士・税理士などのスペシャリストの育成も行い、修了生は社会のさまざまな領域で活躍しています。

本研究科では、これまでの長い研究・教育と優秀な修了生を輩出してきた実績に基づき、次世代の研究者・スペシャリストになるためのリサーチキャリアを構築できます。あなたも次世代の研究者・スペシャリストになり、将来の社会で活躍できるキャリアを身につけませんか?

立命館大学大学院 経営学研究科 出身教員紹介

上田 智久 先生
東京農業大学 准教授
博士(経営学、立命館)
研究分野
生産システム論
小松 史朗 先生
近畿大学 准教授
研究分野
経営学/労働社会学
安達 房子 先生
京都学園大学 准教授
研究分野
経営情報論/経営組織論

Data Mining

データから新しい意味をつくり出す

AI(人工知能)、ビッグデータ、IoTの時代、数字に強い人材が強く求められています。人文・社会科学分野でも、膨大なデータを統計学的に解析した数値から新しい因果関係を発見したり、そこから意味をつくり出す力が必要とされています。

立命館大学大学院 経営学研究科では、統計学1・2、研究方法論、特殊講義Ⅱ(計量経済学入門)など、データからまったく新しい意味を発見し・つくりだす科目とゼミがそろい、少人数でしっかりと能力を身につけることができます。本研究科で、財務・マーケティングに関するデータを学術的に分析できる力によって、今までの世の中になかったような新しいビジネスを発見し、創造することのできる人材になりませんか?

田中 力 教授
統計調査力および統計利用に関する社会統計学的研究力を育成
研究分野
経済統計学

OICキャンパスで「育てる里山プロジェクト」で茨木の里山再現にも貢献

三谷 英貴 教授
資本市場とコーポレート・ファイナンスとの間の動態関係を明らかにする研究を進める。
研究分野
コーポレート・ファイナンス/企業金融/経営財務/資本構成

情報システム:依田祐一 准教授、金融分析:播磨谷浩三 教授、情報会計分析:瀧博 教授、マーケティング情報分析:金昌柱 准教授

SMEs Management

中小企業の
経営者になるために

将来、事業継承者となる小企業・中堅企業の経営者の子弟(二代目・三代目等)の「経営者となるための学び」を、 立命館大学大学院 経営学研究科が強力にサポートします。

2018年度からは、大阪府中小企業家同友会から寄附講座を受け入れ、特殊講義Ⅰ(中小企業経営実践講座)を開講します。大阪府中小企業家同友会の全面的な協力を得て、大阪府に本社を持つ様々な企業の経営者をゲストスピーカーとしてお招きし、「中小企業経営の実践的諸課題」についてお教えいただきます。同時に本研究科教員が、それらの経営の実践的課題について学術的に解説し、テーマを与え院生&参加学生等に討議してもらいます。

この科目最大の魅力は、「中小企業を経営する社長クラス」の方々が週代わりでゲストスピーカーとしてご登壇されるとともに、それぞれの企業や業界での苦労、成功・失敗体験などについて、包み隠さずリアルに語っていただけることです。さらに、経営者・学生・教員が毎回白熱した討議を行うことで、理論&実践を深く体感的に学べる点も大きな魅力です。

例えば、経営者と社員との雇用関係や、海外展開(国際経営)の取り組み、企業のブランド化、地域活性化などについて、それぞれのご経験を交えたお話を聞き、それを理論的に考える展開が期待されます。可能であれば、ゲストスピーカーとしてお招きした経営者の方の会社を実際に訪問するような、フィールドワーク調査を行うことも考えられます。

このような科目や多様なゼミでの研究活動を通して、将来、事業継承者となる小企業・中堅企業の経営者の子弟(二代目・三代目等)の「経営者となるための学び」を、経営学研究科を強力にサポートしていきます。

N総合会計所長 中島幸子氏の講演風景1
N総合会計所長
中島幸子氏の講演風景1
N総合会計所長 中島幸子氏の講演風景2
N総合会計所長
中島幸子氏の講演風景2

Contact

経営学研究科 立命館大学経営学部事務室
〒5678570 大阪府茨木市岩倉町2番150号
TEL:072-665-2090 
FAX:072-665-2099 
mail:gsba-1@st.ritsumei.ac.jp