トップ > 受験生の方へ 経営学研究科概要 経営学研究科の人材育成目的と3方針
受験生の方へ 経営学研究科概要

経営学研究科の人材育成目的と3方針

人材育成目的

研究科全体

経営学研究科は、経営学の高度な専門力量をもったビジネスパーソンおよび研究者を養成することを目的とします。

前期課程

経営学研究科は、博士課程前期課程において、経営学に関する高度な専門知識および、会計や統計的処理、語学などに関する高度な技能をもち、組織の中で適切に知識と技能を活用できる人材を育成します。併せて、社会の要請に応え、正義と倫理をもち、グローバル化する社会の中で組織のリーダーシップを発揮しうる人間を育成します。

後期課程

経営学研究科は、博士課程後期課程において、経営学分野の研究活動を行うに必要な高度な研究能力を身につけ、将来にわたって研究活動を持続できる自立した研究者を育成します。

学生受け入れ方針

経営学研究科は、人材育成目的を実現するために、前期課程および後期課程それぞれの入学時点において下記の能力を有する学生を求めます。

前期課程

1)経営学の知識を基礎に、専門分野を入学後早い段階から決定し、専門的で高度な学術レベルの研究を進めていくことが可能な基礎的能力を有していること。また研究を進める上で必要な会計・統計的処理・語学を学習していくことのできる基礎的能力を有していること。
2)国際的な視野で経営学を研究しうる能力を有していること。

後期課程

後期課程は、指導教員による研究指導と研究交流を通じて、自立した研究者として研究活動を行うに必要な高度な研究能力を身につけ、将来にわたって研究活動を持続していく可能性を有していること。

教育課程編成・実施方針

経営学研究科は、研究科の人材育成目的達成のため、下記のような教育課程を編成します。

前期課程

研究者養成、高度職業人養成に即した科目を配置し、系統的履修を促進するカリキュラム作りを行っています。
カリキュラムは、論理的な思考力と定性的・定量的な調査能力をいっそう高めるために、基幹科目群と展開科目群を充実させるとともに、研究方法に関わる科目群と演習系論文指導科目群の履修を重視した編成となっています。
1回生からの計画的学修により、経営学に関する理論の習得、情報収集・分析手法の獲得など総合的な学力を身につけます。合わせて、外国文献研究または英語開講科目を受講することにより、英語文献レビューと英語での学修を進めます。
2回生では、1回生時に習得した専門知識をもとに、修士論文の執筆が本格化します。2回生前期には中間報告会にて研究経過を報告し、2回生後期に研究成果を修士論文として仕上げます。

後期課程

後期課程では、前期課程における研究を継続して研究論文を執筆し、学会誌への掲載や、学会での報告などによって研究を進化させ、最終目標として博士学位論文を仕上げ、課程博士の学位を取得します。
1・2回生では、年度初めに提出する「研究計画書」に基づいて一貫した研究を行い、課程博士にふさわしい研究成果が生まれることが求められます。
2回生7月頃に博士学位予備論文(博士学位授与申請時において必要とする主題に関する論文3点のうち1点に相当する論文)を提出し、これに基づき9月頃に「博士候補者資格認定発表会」で発表を行います。発表会では、予備審査委員による審査が行われ、審査に合格した者は、博士候補者資格に認定されたものとして、博士学位授与申請が可能となります。
3回生では、年度初めに、研究の目的、研究の進捗状況、論文の基本構想、論文完成の見通し等を綿密に記した「博士学位論文執筆計画書」を提出します。さらに、博士候補者資格に認定されたものは、9月頃に「博士学位論文最終報告会」で報告を行い、研究成果を博士学位論文として仕上げ、指導教員の了解を得たうえで、12月に博士学位授与申請(博士学位論文の提出)を行います。

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

経営学研究科は、人材育成目的に従い、下記のとおり、前期課程および後期課程の修了時点において学生が身につけるべき能力(教育目標)を定めます。
これらの能力の獲得は、研究科の各教育課程が規定する所定単位の修得と下記の各課程における学位論文評価基準に基づく審査の合格により、その達成とみなし、前期課程においては修士学位、後期課程においては博士学位を授与します。

教育目標

前期課程

前期課程の教育目標(修了者が有する能力・技能・知識等)は以下の通りです。
1) 経営学基礎理論とその応用分野の知識、研究方法および外国文献利用にかかわる技能を習得していること。
2) 経営学の理論を用いて経営現象をその歴史的な展開を含めて分析し、問題解決のための能力を形成していること。
3) 高い国際コミュニケーション能力と高度な専門職業人として要求される汎用技能を習得していること。

修士論文は、概ね以下のような基準のいくつか(複数)により評価されます(順不同)。
1) 問題意識が明確で、課題意識が適切であるか(研究テーマの妥当性)。
2) 先行研究が検討・吟味され、到達点が踏まえられているか(既存研究との関連性)。
3) 事実調査・文献資料などの検索が十分に出来ているか(使用情報文献の適切性)。
4) 分析視角(切り口)が明確で論理展開が一貫しているか(論理の一貫性)。
5) 調査分析結果の内容の記述や展開が説得的であるか(論述の厳密性・緻密性)。
6) 研究内容がユニークであるか(独創性)。

後期課程

後期課程の教育目標(修了者が有する知識・技能・能力等)は、経営学分野の研究活動を行うに必要な高度な研究能力を身につけ、自立した研究者として将来にわたって研究活動を持続できることです。

博士学位論文は、概ね以下の基準により評価されます。
1) 形式的用件
   ①注・図表・文献リストを除き、日本語の場合は85,000字、英語の場合は35,000wordsを超えることを目処とする。
   ②構成が明瞭であること。
   ③序論の部分で研究目的が明確に述べられていること。
   ④結論部分で研究目的に対する研究成果が明確に述べられていること。
2) 論文の水準
   関連する研究領域の教科書、入門書、解説書等の水準ではなく、経営学研究科の博士論文として相応の質・量、内容・水準を備えていること。
3) 研究テーマの妥当性
   研究目的およびその必要性と意義が明確に述べられていること。
4)論文タイトルの妥当性
   タイトルが研究目的および研究成果を表現するのに妥当であること。
5)先行研究との関連性
   先行研究が検討・吟味され、到達点が踏まえられていること。
6)論理の一貫性
   分析視覚(切り口)が明確で論理展開が一貫していること。
7)論述の厳密性・緻密性
   調査分析結果の内容の記述や展開が説得的であること。
8)独創性
   研究内容がユニークであること。

このページを印刷する
経営学研究科 立命館大学経営学部事務室
〒567-8570 大阪府茨木市岩倉町2番150号 TEL:072-665-2090 FAX:072-665-2099