Ritsumeikan 立命館大学大学院 先端総合学術研究科
サイトマップ
  


Graduate School of CoreEthics and Frontier Sciences
HOME > WORKS > 2004

酒井啓子氏講演会



先端総合学術研究科「知の潮流を創る」パート4
〜新たな研究者のあり方を求めて〜
公開講演会


▼日時:2004年7月5日(月)15:00〜17:30
▼場所:立命館大学衣笠キャンパス以学館1号

▼プログラム:

<第一部>15:00〜16:15
■講演会「イラクにおける戦後の社会構造」
 講師 酒井 啓子
     日本貿易振興機構アジア経済研究所地域研究センター参事

 *酒井啓子氏:アジア経済研究所地域研究センター参事
  専門分野:イラク、中東、現代政治
  http://www.ide.go.jp/Japanese/Research/Rschers/sakai_k.html

<第二部>16:30〜17:30
■討論
 酒井 啓子
 小泉 義之(立命館大学先端総合学術研究科 教授)
 立岩 真也(立命館大学先端総合学術研究科 教授)
 立命館大学先端総合学術研究科 大学院学生

主催:立命館大学公共研究会・立命館大学大学院先端総合学術研究科

   お問合せ先:立命館大学独立研究科事務室
   TEL:075-465-8375 FAX:075-465-8364

   ・立命館大学衣笠キャンパスアクセスガイド
    http://www.ritsumei.ac.jp/mng/gl/koho/access-map/kic-access.htm
   ・キャンパスマップ
    http://www.ritsumei.ac.jp/mng/gl/koho/access-map/k-map.jpg

 *パンフレット(MS Word版)
  http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/2004/0705.doc


先端総合学術研究科は、2003年4月に開設した一貫制博士課程です。本研究科では、これまでも「知の潮流」と題して、様々な先端的研究をシリーズで紹介する公開講演会・研究会を行なってきました。
2004年度は、「知の潮流 パート4」として、新たな研究者像をめぐる提言を行なっていきます。その第一弾として、酒井啓子氏をお招きし、今日のイラク情勢について、さらにはこうした状況の中でこれからの研究者に求められるものの見方、研究者像のあり方について伺う予定です。
大学院進学に関心のある皆さんや大学院生の皆さんに、今日第一線で活躍される研究者の方から、新たな研究者像を提示していただきますので、大いにご期待ください。


UP:20040607 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/2004/0705.htm

TOP HOME(http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/)

JAPANESE ENGLISH 立命館大学