>HOME >2007

先端総合学術研究科公募研究会 「都市−文化−記憶」研究会企画
「風景(論)と都市をめぐって――来るべき民衆=人民のために」


▼日時:2007年3月30日(金) 15:30〜18:30

▼会場:立命館大学衣笠キャンパス創思館403+404号室 (アクセスマップキャンパスマップ

▼講師:平沢 剛(映画研究/明治学院大学非常勤講師/『VOL』編集委員)

▼報告趣旨
 1970年前後に、『略称・連続射殺魔』(69)という映画作品を契機に運動的理論として提唱された風景論の検証を中心に、ドゥルーズの『シネマ』の諸概念を導入しながら、映画の可能性、潜在性について議論していきたい。

▼参考資料
【映画作品】
◇足立正生・松田政男・佐々木守ほか共同製作『略称・連続射殺魔』1969年 [Image Forum]
 cf. http://www.mmjp.or.jp/pole2/wakamatsukojiretrospective.htm
◇大島渚『東京戦争戦後秘話』1970年 [amazon]
◇ジガ・ヴェルトフ集団『東風』1969年 [amazon]
 cf. http://www003.upp.so-net.ne.jp/jhori/godard/bande.html
◇ストローブ=ユイレ『モーゼとアロン』1974年 [amazon]
 cf. http://www.athenee.net/culturalcenter/schedule/2006_11/straub_huillet02.html
◇グラウベル・ローシャ『黒い神と白い悪魔』1964年
 cf. http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD16072/index.html

【書籍】
◇松田政男『風景の死滅』田畑書店、1971年
◇足立正生〔聞き手:平沢剛〕『映画/革命』河出書房新社、2003年 [boople][amazon]
◇ジル・ドゥルーズ(宇野邦一ほか訳)『シネマ2――時間イメージ』法政大学出版局、2006年 [boople][amazon]
◇ジャン=リュック・ゴダール(奥村昭夫訳)『ゴダール全評論・全発言2――1967−1985』筑摩書房、1998年 [boople][amazon]

*無料、参加自由です。
*終了後、懇親会を行なう予定です。

■お問い合わせ
村上 潔(立命館大学大学院先端総合学術研究科)

「都市−文化−記憶」研究会


UP:20070315 REV: http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/2007/0330.htm

TOP HOME(http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/)