>HOME >2007

科学研究費助成研究「分配と支援の未来」シンポジウム
「非正規雇用労働者の過去・現在・未来を考える」


▼日時:2007年11月10日(土) 14:00〜17:25

▼会場:立命館大学衣笠キャンパス存心館806号室(3F) (アクセスマップキャンパスマップ


 近年、急激に進む雇用の非正規化にともない、さまざまな問題がメディアや行政のレベルで語られるようになりました。また同時に、これまであまり見られなかったような当事者による労働運動も目立つようになりました。こうした状況の中では、知られていない歴史を知り、的確に問題の本質を捉え、働きかたの未来像を総合的に構築してゆく必要があります。このシンポジウムはそのような問題意識で企画されました。
 今回は、1970年代以来「主婦の労働」問題や時給労働者の働きかたについて精力的な提言・活動を続けてきた、国沢静子さんを東京からお迎えします。加えて、大学という場を中心に非正規雇用労働者の労働運動を実践・模索し続けている、遠藤礼子さんにもご発言いただき、「非正規雇用労働者の労働/運動」が、@これまでいかなる過程を経て、蓄積を残してきたのか、Aいま現在どのような状態に置かれており、何が課題なのか、B今後どのような展望を描いていくのか、を話し合ってみたいと思います。

【報告者】
◇国沢 静子(主婦戦線 / 主婦の立場から女解放を考える会 / パート・未組織労働者連絡会
 [ 元JRA開催従事員(週2日、土日の馬券売り)。労基法上の年休権の獲得を求めて、1991年より対JRA裁判闘争。99年勝訴。また、1978年からの所得税非課税限度額UPを求める国会請願行動で、「所得税100万円の壁」を初めて「パート差別」という社会問題として提起。現在の仕事は販売員(主に百貨店で食品の宣伝販売)。本報告では、性差シフトの強い過去の「第二労働者」の状況事例を述べたうえで、ワーク・シェアリングを含めた「生き易い仕事時間」の理想タイプを提示したい。 ]
◇遠藤 礼子(立命館大学非常勤講師 / ゼネラルユニオン立命館大学支部均等待遇アクション21京都働く女性の全国センター
 [ 今、「格差社会、格差拡大」と言われているが、格差の問題は、今始まったものではない。女性のパートは低賃金で当然、本工より臨時工は低賃金というのは、昔からの「常識」だ。「古き良き正社員中心の雇用モデル」など存在せず、したがって、そこに戻ることも不可能だ。格差が多様化し、複雑化した「多様な雇用形態」の今、どんな雇用形態でも、どんな生活のスタイルでも、安心して生きて行けることが必要だろう。参加者みなさんのアイデアを出し合って、一緒に、理想の正社員像、理想のフリーター像、理想のパート像……を描いてみましょう。 ]

【コメンテーター】
伊田 久美子(大阪府立大学人間社会学部教授)
立岩 真也(立命館大学大学院先端総合学術研究科教授)

【司会】
村上 潔(立命館大学大学院先端総合学術研究科博士課程)

【主な参考文献】
◇20071010 『現代の理論』07秋号[vol.13](特集:雇用・労働破壊とたたかう)
◇20070731 『PACE』VOL.3(2007 SUMMER)(特集:若者・非正規雇用・運動)
◇20070710 『インパクション』158(特集:〈非正規化〉する対抗の場――労働ではない「お仕事」)
◇20070701 『現代思想』35-8(2007-7)(特集:ポスト・フォーディズム――わたしたちはなぜ働いてしまうのか)
◇熊沢誠 20070626 『格差社会ニッポンで働くということ――雇用と労働のゆくえをみつめて』,岩波書店 270p. ISBN-10: 4000224786 ISBN-13: 9784000224789 1995 [岩波書店][amazon]
◇伊田久美子(聞き手:海妻径子) 20070601 「アンダーペイドワークの男性化と再生産条件闘争」,『情況』第三期8-4(2007-5・6):165-178(特集2:消去される<男性労働>者と再生産)
◇20070130 『女性労働研究』51:「格差拡大に挑む」
◇立岩真也 20051001− 「家族・性・市場」(連載),『現代思想』33-11(2005-10)−

【参考ページ】
労働(arsvi.com)
女性の労働・家事労働・性別分業(arsvi.com)
働く女性の全国センター ACW2
均等待遇アクション21京都(ブログ)
ユニオンぼちぼち立命館分会(ブログ)

【主催】
「分配と支援の未来」(科学研究費助成研究・基盤B、代表:立岩真也)

*無料、参加自由です。
*終了後、懇親会を行ないます。お店は<海風>です。

◎チラシ(PDF)のダウンロード → [こちら]

■お問い合わせ
村上 潔(立命館大学大学院先端総合学術研究科)


UP:20071010 REV:1015,1108 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/2007/1110.htm

TOP HOME(http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/)