>HOME >2007

先端総合学術研究科公募研究会〈文学研究会〉企画
藤井貞和講演会「詩と戦争」


 ●「なにがイッツウォーだ。ファックユーである。」(『湾岸戦争論』より)

 12/22(土)に、詩人であり日本文学研究者である藤井貞和さんをお迎えして「詩と戦争――藤井貞和講演会(+朗読)」を開催します。
 文学作品において戦争を記述するとはどういうことなのか。世界で起こっている戦争、身近に起きている闘いに対して<詩>や<ことば>は何をなし得るのか、という古くて新しい問いについて素朴に考えてみたいと思っています。
 <ことば>に関心のあるすべての方の参加をお待ちしています。

▼日時:2007年12月22日(土) 13:00〜(17:00終了予定)

  第一部/藤井貞和講演会
  第二部/藤井貞和による詩の朗読

▼場所:立命館大学衣笠キャンパス創思館4階405号室 (アクセスマップキャンパスマップ[PDF]

▼参加費:無料

▼参考文献:
◇藤井貞和 20071120 『言葉と戦争』,大月書店 [amazon]

▼主催:立命館大学大学院先端総合学術研究科公募研究会〈文学研究会〉

□お問い合わせ:li010993[アット]ce.ritsumei.ac.jp(宇野)

*18時より堀川今出川の町家フリースペースにて懇親会を予定しております。
 懇親会からの参加も可です。
 詳しい場所をお知らせしますので、参加希望の方は前日までに主催者までご連絡ください。
 (連絡先 nekogilles[アット]yahoo.co.jp)
 懇親会の参加費はまだ決まっていませんが、できるだけ安価に設定したいと考えておりますので、気軽にご参加ください。料理やお酒の持ち込みも大歓迎です。

■藤井貞和
 1942年生。詩作品集に『大切なものを収める家』、『藤井貞和詩集 正・続』、『神の子犬』など。
 藤井貞和の詩は、和歌、古代歌謡、沖縄歌謡などから多彩な言葉を集めながら日本語の可能性を探求し続けると同時に、戦争、いじめ、家、民族、女性といった現代の諸問題にも対峙し続けてきた。1991年湾岸戦争勃発に際して藤井が書いた戦争詩を、瀬尾育生らは、詩人としてなすべきではない「真情」の表明に陥ったと批判。<湾岸戦争詩論争>が展開され、現代詩と詩人と戦争の問題が露わにされた。
 2007年11月『言葉と戦争』が大月書店より発売されている。 [amazon]:本一覧

  ウォーッ、賛成せよ
  ひとばん吐きつづけるおれが
  戦争だ
  ウォーウォーってか
  瓦斯を吐きつづける室内に
  酸性の雨降る
  病み上がりには
  ボロクソヤ!
             (「ウォー」より)

  つぎねぷ
  ぷとつぎねぷトいってみる
  まくらコトばがあるト
  ねてみたくなる
  つぎねぷや
  やましロがぱを
  みやノぼり
  あをにヨし
  ならをすギ
  やまトをすギ
  わがみがぽしくにぱ
  かづらキたかみや
  わぎペノあたり
             (「つぎねぷと言ってみた」より)


UP:20071212 REV:1214 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/2007/1222.htm

TOP HOME(http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/)