>HOME >DATABASE

バリアフリー(アクセシブル)/ユニバーサルデザイン関連文献表



☆単行本

[1980s]

◆新宿身障明るい街づくりの会(ed.) 1982 『段差をこえて』
◆新宿身障明るい街づくりの会(ed.) 1982 『街づくりのあしあと』,新宿身障明るい街づくりの会.
◆新宿身障明るい街づくりの会(ed.) 1984 『障害者の移動の権利』 ※
◆「西武鉄道・小川駅の改善をすすめる会」編集委員会(ed.) 1986 『ああ エレベーター──障害児をもつ母親の駅舎改善運動奮戦記』,みくに書房.
◆新宿身障明るい街づくりの会・自立生活ネットワーク委員会 1987 『自立生活体験室における電動車いすへの取り組み──自立生活への歩み2』
◆Norman, Donald A. 1988 The Psychology of Everyday Things, Basic Books, New York.
 =1990 野島久雄訳,『誰のためのデザイン?――認知科学者のデザイン原論』,新曜社.

[1990s]

◆秋山 哲男(ed.) 1993 『高齢者の住まいと交通』(都市研究叢書8),日本評論社.
◆定藤 丈弘・岡本 栄一・北野 誠一(ed.) 1993 『自立生活の思想と展望──福祉のまちづくりと新しい地域福祉の創造をめざして』,ミネルヴァ書房.
◆高木 佳子・高橋 儀平 1993 『高齢者のすまいデータブック』,有斐閣.
◆旅行のソフト化をすすめる会 1995 『アクセシブル旅行ガイド観光施設編1』
◆古瀬 敏 19950410 『人にやさしい住まいづくり:長寿社会対応住宅の手引き』,都市文化社
 全文:http://www.arsvi.com/1990/950410ks.htm
◆川内 美彦 1996 『バリア・フル・ニッポン──障害を持つアクセス専門家が見たまちづくり』,現代書館 ※
◆小川 信子・野村 みどり・阿部 祥子・川内 美彦(eds.) 1996 『先端のバリアフリー環境──カリフォルニアにみるまちづくり』,中央法規.
◆旅行のソフト化をすすめる会 1996 『アクシセブル旅行ガイド観光施設編2』
◆古瀬 敏 19970421 『バリアフリーの時代』,都市文化社
 http://www.arsvi.com/1990/970421ks.htm
◆古瀬 敏(ed.) 1998 『ユニバーサルデザインとはなにか――バリアフリーをこえて』(Toshibunkasha Selection),都市文化社.

園田 眞理子 「ユニバーサルデザインの可能性」
川内 美彦 「ライフスパンを見据えたデザイン」
Brandt, Aase 「何が問題か、誰の問題か、何をすべきか」
Ostroff, Elaine 「米国におけるユニバーサルデザイン教育」
佐々木 正人 「多様性からの設計」
古瀬 敏 「ユニバーサルデザインをめざして」

◆東京ハンディキャブ連絡会 1998 『誰にでも優しい交通システムを確立するための地域活動計画──西暦2002年を目指して』(策定:199703)
◆東京ハンディキャブ連絡会 1998 『全国移送サービス実施団体実態調査報告書』
◆東京ハンディキャブ連絡会 1999 『全国移送サービス実施団体ガイドブック』
◆もり すぐる 1999 『バリアフリー入門――誰もが暮らしやすい街をつくる』(プロブレムQ&A),緑風出版.
◆旅行のソフト化をすすめる会 1999 『障害者や高齢者のためのアクセシブル旅行ガイド──人にやさしい宿'99』

[2000s]

◆川越 利信・井上 明 2000 『モノ・都市・情報のバリアフリー──人権をかたちに』,発行:部落解放・人権研究所,発売:解放出版社.
◆交通バリアフリー政策研究会(ed.) 2000 『わかりやすい交通バリアフリー法の解説』,大成出版社.
◆川内 美彦 2001 『ユニバーサル・デザイン──バリアフリーへの問いかけ』,学芸出版社.
第1章 ユニバーサル・デザイン
第2章 ユニバーサル・デザインの性質
第3章 ユニバーサル・デザインに関わる言葉
第4章 ユニバーサル・デザインを実現するために
第5章 ロン・メイス

◆古瀬 敏 2001 『建築とユニバーサルデザイン』,オーム社.
◆静岡県(ed.)しずおかユニバーサルデザイン専門委員 2001 『ユニバーサルデザイン入門』,ぎょうせい.
◆古瀬 敏 2002 『ユニバーサルデザインへの挑戦――住宅・まち・高齢社会とユニバーサルデザイン』,ネオ書房.

バリアフリーの時代 序
第1章 住宅
第2章 まち
第3章 高齢社会とユニバーサルデザイン 

☆論文

[1970s]

◆Bow, Frank G. 1979 「移動・交通:自立への鍵」,障害者自立生活セミナー実行委員会(ed.)[1983:105-113]

[1980s]

◆秋山 和明 1984 「移動」,仲村・板山(編)[1984:126-146]

[1990s]

◆秋山 哲男 1991 「モビリティは市民権の一部」,八代ほか[1991:163-189]
◆野村 歡 1991 「建築障壁撤廃の歩みとADA」,八代・冨安(eds.)[1991:190-202]
◆厚生省老人保健福祉局老人福祉計画課(監修) 1992 『福祉移送サービス』,全国社会福祉協議会.
◆京極 高宣 1992 「高齢者住宅の費用効果分析」,『高齢化社会の経済政策』,東京大学出版会.
◆秋山 哲男・清水 浩志郎 1993 「わが国の交通政策」,秋山(編)[1993:184-194]
◆秋山 哲男・木村 一裕・三星 昭宏 1993 「高齢者・障害者の公共交通計画」,秋山(編)[1993:195-233]
◆『月刊福祉』 1993 76-12(10月号)特集:日本の住宅は超高齢社会を乗り切れるか.
◆堀 利和 1993 「アクセス権確立に向けて──国会委員会質問から」,『季刊福祉労働』59:100-109
◆建設省建設政策研究センター 1993 「高齢者住宅整備による介護費用軽減効果」,『月刊福祉』76-12(1993-10):70-77(抜粋)
◆古瀬 敏 1993 「バリアフリー建築条例の動向と建築基準法」,『季刊福祉労働』59:12-23
◆『季刊福祉労働』 1993 (59),特集:建物・住まい・移動のアクセス権.
◆井内 ちひろ 1993 「交通アクセス運動──TRYの活動から」,定藤ほか(編)[1993:158ー172]
◆野村 歓・高山 忠雄(eds.) 1993 『高齢者の住環境』(長寿社会総合講座6),第一法規出版.
◆野村 みどり 1993 「バリアフリー環境」,定藤・岡本・北野(編)[1993:129-149]
◆尾上 浩二 1993 「大阪府「福祉のまちづくり条例」制定運動と今後の課題」,『季刊福祉労働』59:24-38
◆高橋 義平・秋山 哲男 1993 「高齢者と都市環境」,野村・高山(編)[1993:89-122]
◆竹下 隆夫 1993 「高齢者・障害者のバリアフリーに向けての住宅政策の現状」,『月刊福祉』1993-10:23
◆時田 和明 1993 「障害者の自立と移動について」,定藤ほか(編)[1993:150-157]
◆時田 和明 1993 「移動と保障運動」 定藤・岡本・北野(編)[1993:150-172]
◆わかこま自立情報室(ed.) 1993 『平成4年度交通関係資料集』,わかこま自立生活情報室.
◆上條 達雄 1994 「交通アクセス問題をめぐる経過と現状」,千葉大学文学部社会学研究室[1994:208-222](千葉大学文学部社会学研究室『障害者という場所 ─自立生活から社会を見る(1993年度社会調査実習報告書)』第13章,千葉大学文学部社会学研究室,375p.,1200円→品切),第13章)
◆國分 夏子 1994 「障害者と旅行」,千葉大学文学部社会学研究室[1994:200-207]
◆『季刊福祉労働』 1995 (69),特集:阪神・淡路大震災と福祉のまちづくり再考.
◆野村 みどり 1995 『バリアフリー』,慶應通信.
◆『月刊福祉』1996-2 特集:阪神大震災・その後──新しいコミュニティづくり
◆山田 圭 1996 「ノンステップバスを我らの手に!」,『Silk Road』6:1-10
◆『JB』4 緊急特集:障害者と「阪神・淡路大震災」
◆『季刊福祉労働』69 特集:阪神・淡路大震災と福祉のまちづくり再考
◆武井 美里・森本 敏恵・若月 美樹・和田 ゆかり(1998信州大学医療技術短期大学部看護科3年) 「障害者の外出支援サービスの調査研究」,卒業研究レポート 19981225提出

◇川内 美彦
 http://www.arsvi.com/0w/kwucyshk.htm
◇古瀬 敏
 http://www.arsvi.com/0w/kssts.htm
◇東京ハンディキャブ連絡会
 http://www.arsvi.com/0d/thc.htm


製作:竹中聖人(立命館大学先端総合学術研究科1回生)
UP:20030604  http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/b001003.htm REV:0609
バリアフリー(アクセシブル)/ユニバーサルデザイン関連年表 

TOP HOME(http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/)