>HOME >DATABASE

Stein, Bruno, 1976, Work and Welfare in Britain and the USA, London and Basingstoke: Macmillan Press.


Stein, Bruno, 197612, Work and Welfare in Britain and the USA, London and Basingstoke: Macmillan Press. 16+112p ISBN-10: 0333185307 [amazon]

■Contents

List of Tables
List of Figures
Preface
List of Abbreviations

1. Work, Welfare and Training

Introduction
 Backgrounds
 The Plan of the Work
 The Macroeconomic Context

2. Income Support and Manpower Programs in the USA

The Development of Social Insurance
The Development of Public Assistance
Social Insurance Versus Public Assistance
The 'Crisis' in Welfare in the USA
 The Growing Emphasis on Work: the 1967 Amendments
 Work Incentives in AFDC
Manpower Policy in the USA
 MDTA Programs
 Job Opportunities in the Business Sector
 Job Corps
 Neighborhood Youth Corps
 Work Incentive Program
 Public Employment Program
Summary

3. A Comparative View

The Bases for Comparing Britain and the USA
 Similarity of Economic Problems
 Differences between Britain and the USA
Cultural and Political Attitudes

4. Britain: The Interplay of Social Insurance and Public Assistance Programs

Historical Background
 The Goals of the Beveridge Plan
 Conflict Among the Goals
Interrelationships: National Insurance and Supplementary Benefits
 Family Income Supplement and Supplementary Benefits
 Redundancy Benefits
 Training Allowances
Work Disincentives and Poverty Trap

5. Britain: The Control Procedures

Pushes and Pulls
The Four-Week Rule
The Process of Review
Re-establishment
Failure to Maintain
Wage Stop

6. British Manpower Policy

Background to the Policy
 Government Training Centres
 The Training Opportunities Scheme (TOPS)
 The Employment and Training Act
The Hard to Employ
 Industrial Rehabilitation Units (IRUs)
 The Socially Disadvantaged
 Re-establishment Centres

7. Conclusions and Policy Implications

Income Maintenance
Manpower Services
Policy Implications

Appendix to Chapter 2: Major US Income Maintenance Programs
Appendix to Chapter 3: Major British Income Maintenance Programs
Notes
Index


■メモ

「1966年までに全体的な失業率は、(ヴェトナム戦争による景気刺激のもとで)失業よりもインフレを懸念させるほどに低下してきた。失業[率]が低下したのでメインストリームの労働者が職を得るのは容易であった。<<4<<それに応じて、>>5>>訓練の強調は恵まれない人々にスキルを提供することにまで転換した。1967年に連邦議会はその大半がシングルマザーである要扶養児童家族扶助(AFDC)の成人受給者に、扶助を受給する条件として労働や訓練[プログラム]に参加することを要請した。多くの州が、AFDCの受給資格がない人々のための一般扶助プログラムに、同様の措置を講じた。例えばニューヨークでは、受給者に労働を要請する政策がワークフェア[Workfare]として知られている。このようにして、アメリカの人的資源政策[manpower policy]はもう一つの目標を受け入れたのだ。すなわち、福祉費用の水準を削減するという目標である。」(4-5)

「これは家族支援計画法案の最も重要な動機であった。FAPの負の税の側面は、福祉で全生計を立てる家族の所得と比べてワーキング・プアの(家族における)所得を引き上げることによって、福祉を「ワークフェア」に転換すると想定された。これは「ウェルフェア・メス(welfare mess)」という問題を解決することであった。
 他の多くのアメリカ人の観察者と同様に、私は当初はFISを就労インセンティブという目的を持つものとしてみなしていた。しかしながら、私のイギリス人との接触によって[★注17]、・・・」(46)

4章の注17
「ここで「イギリス人」とは、FISの成立と管理に関心のある一流のイギリス人の学者やソーシャル・ワーカー、官僚たちと私の会話に関連する。」

製作:小林勇人(立命館大学大学院先端総合学術研究科)
UP:20070114 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db1970/7612sb.htm
「ワークフェアの普及」ファイル  ◇ワークフェア関連文献表 

TOP  HOME(http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/)