>HOME >DATABASE

Brown, Charles Victor, 1983, Taxation and the Incentive to Work, Second Edition, New York: Oxford University Press.


Brown, Charles Victor, 1983, Taxation and the Incentive to Work, Second Edition, New York: Oxford University Press. 10+183p  ISBN: 0198772122[amazon]


■Contents

1. Introduction: The elementary theory of individual labour supply

2. Non-linearities in the budget constraint

3. Measurement problems

4. The interview approach

5. Cross-section econometric studies on men

6. The experimental approach

7. Cross-section econometric studies on women

8. Household models

9. Models with several goods

10. Tax avoidance and tax evasion

11. Optimal income taxation

12. Summary and policy implications (with D. J. Sanderson)


List of references

Index


■背表紙

・本書は、人々が働きたいという意思に対する税の効果を論じる。労働供給に対する税の効果は、様々な方法論を用いる広く行き渡った厳密な試験に従ってきたマクロ経済理論の一領域である。その重要性の一例として、イギリス政府は1979年に、所得税の削減(インセンティブを増加することが意図されている)を経済戦略の「要」として表現した。



製作:小林勇人(立命館大学大学院先端総合学術研究科)
UP:20060807 REV: http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db1980/8300bc.htm
初期ワークフェア構想の文献表  ◇ワークフェア関連文献表 

TOP  HOME(http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/)