>HOME >DATABASE

McLaughlin, Eithne, Jane Millar and Kenneth Cooke, 198912, Work and Welfare Benefits, Aldershot, Hants, England: Avebury.


McLaughlin, Eithne, Jane Millar and Kenneth Cooke, 198912, Work and Welfare Benefits, Aldershot, Hants, England: Avebury (and Brookfield: Avebury). 10+147p ISBN-10: 0566070286 [amazon]


■Contents

List of Tables
List of Figures
Acknowledgements

Introduction

1. Unemployment and Work Incentives

Social Security Policy and the Maintenance of Work Incentives
 Access to benefits
 Benefit levels
 Social security benefits for low-paid workers
Research into Work Incentives
Unemployment and Labour Supply
 Financial and non-financial reasons for working
 The condition for rational choice
 Sources of income
 Whose labour supply?
Summary

2. The Research: How and Where

Aimes, Objectives and Sample Design
 The Interviews
The Sample and Response
Data Analysis
The Families
The Towns Where the Families Lived
 Keighley
 Castleford
 Leeds
 Coleraine
Summary

3. Labour Supply and Demand

Demand in the Local Labour Markets
 The nature of current vacancies
 Gender
 Wage levels available
 The extent of labour demand
 Labour Demand
Employment Histories
 Male employment histories
 Female employment histories
Family Labour Supply
 The nature of the association
 Primary and secondary earners
 Summary: Labour demand and supply

4. Being unemployed

The Financial Consequences of Unemployment
 Budgeting
 Money management
Working While Unemployed
 Declared earnings
 Undeclared earnings
 Combining 'unemployment' and 'work'
Job Search Activities
 Job search methods
 Constraints on jobs
 Job search intensity
 Commitment to work
 Summary: Being Unemployed

5. Financial incentives and work

The Level of Reservation Wages
 Reservation wages and current income
 Reservation wages and earnings
Setting the Reservation Wage
 Wages, means-tested benefits and in-work income
 Understanding the system
 Taking risks
 Wages and other sources of income
Labour Supply Decisions, Risk and Uncertainty
 Safe strategies
 Summary: Theory and reality

6. Flexibility, benefits and labour markets

Introduction
The Determinants of Labour Supply
 The assumed primacy of financial factors in the decision to work
 Sources of income
 Family labour supply
Social Security Reformed
 More of the same
 Easing the transition from unemployment to paid work
Work and Welfare Benefits


Annex: Data analysis cards
References
Index



■メモ

Introduction

・「実は、<<1<<社会保障給付金が失業水準や期間に与えるディスインセンティブ効果の性質や程度を実際に証明することは、とらえどころのなさを証明してきたのであり、大半の研究で提唱されているのは、そのような効果が存在したとしても非常に小さいということである。それにもかかわらず、労働インセンティブについての関心は政策において支配的なテーマであり続けてきたし、社会保障の構造と水準の両方に大いに影響を与えてきたのだ。」(1-2)

・個人よりも失業家族に焦点をあてて、労働供給の二つの側面を分析する。
1フルタイム雇用に戻るという決定に財政インセンティブが与えるインパクト
2失業者にとっての、特に失業者の男性と結婚している女性にとっての、パートタイム雇用への制約

1失業者の男性のフルタイム労働についての決定に影響を与える要因は何なのか?
2失業者の男性と結婚している女性のパートタイム労働についての決定に影響を与える要因は何なのか?

1男性がパートタイム労働をすることを(考えることを)妨げている要因は何なのか?
2失業者の男性と結婚している女性がフルタイム労働をすることを(考えることを)妨げている要因は何なのか?

・「それ故、確かに、労働供給に対する最も重要な制約とは、労働需要である。仮に手に入る仕事が全くないならば、大半の失業者の求職態度や行為はほとんど彼/女らが仕事を見つける機会に関連しないに違いない。もちろんこれはインセンティブについての議論で鍵となる問題である。」(4)

・「しかし、<<4<<現行の政策の限界を調査・分析することに我々の研究の価値があると望む。というのも、現行の政策では、失業は労働需要ではなく労働供給の問題としてますます定義されるからである。」(4-5)


1. Unemployment and Work Incentives

Social Security Policy and the Maintenance of Work Incentives

 Access to benefits


・「所得支援[income support]が重要なのは、部分的には失業者の多くが若年者(失業給付金へのいかなるエンタイトルメントも確立されていない)であるからであり、部分的には彼/女らは長期間あるいは反復的に失業者(あらゆる失業給付金のエンタイトルメントを使い果たした)であるからだ。」(9)

失業給付金から所得支援への移転。

・近年、自発的失業者に対する罰則や制裁が強化・拡大されてきた。
1986:自発的な失業とみなされた人々の失業給付金の欠格期間は、6週間から13週間に拡大された。
1988:この期間はさらに26週間に拡大された。失業給付金の資格がないと判断された受給者は、所得支援を要求するかもしれないが、彼/女らは減額された金額を受け取る。

★1986:リスタート・プログラムの導入
「リスタート・プログラムは、確かにアメリカの「ワークフェア」という政策によって影響を及ぼされた。ワークフェアは、失業者を労働に再び動機付けるための多種多様な訓練・就労経験・プログラムに及ぶが、「ワーク・フォー・ベネフィット[work-for-benefits]のスキームと同様のものである(Casey, 1986; Burghes, 1987)。しかしながら、リスタートはまた、長期失業者に対する以前のイギリスの政策が連続・拡張・強化したものとして理解され得る――例えば、<<10<<失業審査官(unemployment review officers)や「再組織センター(re-establishment centres)」>>11>>の仕事(Buckland and MacGregor, 1987)。」(10-11)
Casey, B. 1986, 'Back to the Poor Law?: The Emergence of Workfare' in Britain, Germany and the US', Policy Studies, 7(1): 52-63.
Burghes, L., 1987, Made in the USA, London: Unemployment Unit.


Unemployment and Labour Supply
 The condition for rational choice

・「ミーチャー(Meacher)委員会は、制度が非常に複雑なので雇用についての合理的な政策決定は実質的に不可能であると結論付けた。」
House of Commons (Treasury and Civil Service Sub-Committee), 1983, The Structure of Personal Income Taxation and Income Support, London: HMSO.


製作:小林勇人(立命館大学大学院先端総合学術研究科)
UP:20060815 REV: http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db1980/8912me.htm
◇「ワークフェアの普及」ファイルhttp://www.ritsumei.ac.jp/~ps010988/spread.htm

TOP  HOME(http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/)