>HOME >DATABASE

Nathan, Richard P., 19930415, Turning Promises into Performance: The Management Challenge of Implementing Workfare, New York: Columbia University Press.


Nathan, Richard P., 19930415, Turning Promises into Performance: The Management Challenge of Implementing Workfare, New York: Columbia University Press. 16+161p ISBN: 023107963X [amazon]


■Contents

Foreword by Richard C. Leone
Preface

1 The Shadow Land

No More Mister Nice Guy!

2 The Origins of “New-Style Workfare”

 Nixon’s Family Assistance Plan
 The FAP Debate
 Let’s Call It Workfare

3 Changes under Reagan

 Reagan as Governor
 Reagan as President
 The 1981 Budget Act
 The Family Support Act of 1988

4 Studies of the 1981 Changes

 The GAO Studies
 Studies by the Manpower Demonstration Research Corporation

5 Deciding What to Do: the Five State Programs

 Massachusetts
 California
 New Jersey
 Michigan
 Arkansas

6 Program Operations

 The MDRC California Evaluation
 Findings from the MDRC-GAIN Implementation Study
 The Participation Flow
 Country Policy Decisions
 The Roles of Local Personal
 The Sanctioning Process
 Concluding Comment

8 Feedback and Program Oversight

 Internal Feedback
 External Feedback
 Formal Evaluations
 Concluding Comment

9 Implementing the JOBS Program

 Looking Ahead

10 Why is Welfare So Hard to Reform?

 Back to Basics

11 Changing the Way We Work in the Shadow Land

 Modifying the Civic Culture
 Managing Programs Such as New-Style Workfare
 The Critical Role of Agency Heads
 Public Service Academies

12 Ten Lessons

13 Advice to A New Commissioner


Notes
Index



メモ

★「「ワークフェア」とい言葉は、波乱に富んだ歴史を辿って来た。それは70年代はリベラルに忌み嫌われるものであった。しかし、その語の用いられ方は、80年代には新しい意味を反映するようになった。つまり、世帯主を労働力に参入させ究極的には自立させるために福祉家族に職業訓練と社会サービスを提供することを強調するリベラルに、より受け入れられ易いものになった。新型のワークフェアは、リベラルと保守の政治的交渉を具現する。作用している概念は「相互義務」であり、この概念は、サービスを供給する国の側の義務とそれらのサービスに参加する受給者の側の義務を結合させるものである。」(p2)

・Moynihan: The new paternalism was trying to influence the wrong behavior.(p4)
ニクソン大統領の福祉改革案の審議過程のなかで1970年第前半には全米で用いられるようになった。ニクソンの福祉改革案は、「所得戦略」と「サービス戦略」の両方を含むように提起されたものであったが、その案の核は「所得戦略」が含まれていることであった


製作:小林勇人(立命館大学大学院先端総合学術研究科)
UP:20060815 REV:1006 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db1990/9304nr.htm
カリフォルニアのワークフェア政策文献表  ◇ワークフェア関連の文献表
 

TOP  HOME(http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/)