>HOME >DATABASE

Weaver, Dale C., 1994, Technology in Human Service Organizations: Case Management Practices in California's Workfare Program, Ann Arbor, Michigan: University Microfilms International.


Weaver, Dale C., 1994, Technology in Human Service Organizations: Case Management Practices in California's Workfare Program, Ann Arbor, Michigan: University Microfilms International, A dissertation submitted in partial satisfaction of the requirements for the degree Doctor of Philosophy in Social Welfare, University of California, Los Angeles. xiv+383p reprint of the author's thesis (Ph.D.)



■Contents

acknowledgments
abstract

1. Introduction
2. The Technology of Organizations
The Tradition / The Institutional Perspective
3. GAIN and the Ideology of Workfare
The Problem of Welfare / Obligation and Opportunity / Workfare Programs / GAIN
4. Case Management
The Legitimacy of Case Management / Case Management as a Technical Process / GAIN Case Management
5. Mediating Variables
External / History / Internal / Research Hypotheses
6. Resesarch Methods
Selection of Counties / Data Sources / Variables / Analysis / Limitations
7. County Ideology
Personal County / Vocational County / Community County / Bureaucratic County
8. Observations of Case Management
Overall Differences / Personal County / Vocational County / Community County / Bureaucratic County
9. Staff Perceptions of Case Management
Overall Differences / Vocational Preparation / Personal Attention / Lenience
10. Organizational Control Systems
Mediating Variables / Comparing Data Sets / Ideology, Technology, and Organizational Control / County Summaries
11. Ideology and Technology
Ideology / Case Management / Ideology, Technology, and Organizational Control

Appendix
Preferences




■メモ

「伝統的に、組織的テクノロジーは、組織の構造に影響を及ぼす独立変数として扱われてきた。本研究では、その代わりに、人的サービス組織のテクノロジーは、組織によって主張される社会問題の本質に関するイデオロギー的な信念の制度化の過程から生じると仮定する。」(xii)

5. Mediating Variables
Research Hypotheses

・「HandlerとHasenfeld(1999, 198)の意見では、ワークフェア・プログラムの本質的な営みとは、福祉受給者を雇用可能なものとして分類し、労働プログラムへの登録を強制し、それらのプログラムの価値に対する証拠として機能するのに十分な成功談を創り出す、ことである。」(100)
cf
Hadler, J. and Hasenfeld, Y., 1991, The Moral Construction of Poverty: Welfare Reform in America. Newbury park, Ca.: Sage Publications.

的確ではあるが、不完全。
この議論だと、ケース・マネージャーが何をしようとさして問題とはならない。

・「HandlerとHasenfeldにとって、実際のテクノロジーはローカルな政治・経済要因によって駆動されると理解されるが、そこにはワークフェア・プログラムの現実の政治的言説の作業[work]に対するシンボリックな繋がりしか存在しない。」(100)

・「私の意見では、テクノロジーは問題になる可能性があり、この理由からテクノロジーはイデオロギー的な要因に結び付けられている。ワークフェアのケース・マネージメント[とイデオロギー]の結びつきは、管理面でも規範面でも緩くはない。その[ワークフェアのケース・マネージメントの]本質はイデオロギーによって形作られる。なぜなら、テクノロジーにおけるイデオロギーの制度化の成功は、イデオロギー闘争にとって潜在的に重要な成果であるからだ。ある種のワークフェア・プログラムの組織的な制度化は、そのプログラムに具現化されているイデオロギーの勝利である。テクノロジーはそのような制度化が進む重要な一手段である。」(101)

・主要な仮説は、ケース・マネージメントの営みの本質は郡によって変わるが、その程度は郡のイデオロギーの変化によって変わる。

Summary
104-5
・「本研究は、イデオロギーとテクノロジーの結びつきを予測し測定することである。この結びつきは、以下の環境において最も強いであろう。」
@郡の意思決定者の間で、福祉依存の性質についての合意がある
A組織のメンバー(特にケース・マネージャー)内で同様の合意がある
Bローカルな政治・経済状態の要求が、イデオロギー的な信念と両立する、あるいは矛盾しないと解釈され得る
C秩序を乱す歴史的な出来事がなく制度化の過程が順調に進む



製作:小林勇人(立命館大学大学院先端総合学術研究科)
UP:20070713 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db1990/9400wd.htm
◇「ワークフェア本」http://www.ritsumei.ac.jp/~ps010988/w01.htm ◇「カリフォルニアのワークフェア」http://www.ritsumei.ac.jp/~ps010988/california.htm

TOP  HOME(http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/)