>HOME >DATABASE

Rose, Nancy Ellen, 199510, Workfare or Fair Work: Women, Welfare, and Government Work Programs, New Brunswick, New Jersey: Rutgers University Press.


Rose, Nancy Ellen, 199510, Workfare or Fair Work: Women, Welfare, and Government Work Programs, New Brunswick, New Jersey: Rutgers University Press. 14+263 ISBN-10: 0813522331 $22.00 [amazon]


■Contents

Preface and Acknowledgments
Programs, Agencies, Acts, and Organizations

Introduction
1 Women, Welfare, and Government Work Programs
2 The 1930s: Job Creation Programs in the Great Depression
3 The 1940s and 1950s: Return to the Dark Ages
4 The 1960s: The Flowering of Government Work Programs
5 The 1970s: The Revival of Job Creation Programs
6 The 1980s: Workfare for the "Truly Needy" and Prosperity for the "Truly Greedy"
7 The 1990s: The War on Welfare
Conclusion Replace Workfare with Fair Work

Notes
Index

■メモ

◆Introduction

・「ワークフェアという言葉は、福祉給付金の代わりに戸外での労働を要請するプログラムのみに当てはまるものだが、本書では通俗的に言われるように、強制的で懲罰的な労働プログラムの範囲を参照するために使われるだろう。」(p2)

・1960s貧困への戦い→1980s1990s貧困者への戦い

★懲罰的な政策とは対照的に、貧困の構造的原因や、家庭での不払い労働の価値の理解に基づく施策がある。公平な労働プログラム(公職の雇用創造や、教育や訓練に関連するプログラム)が存在し、それは個人の尊厳を尊重し、自発的な参加を持ち、労働市場の賃金に支払いの基盤を置き、しばしば革新的なプロジェクトを展開する。

・公平な労働の歴史
1940s初期 永続的な雇用創出プログラムの擁護
1950    公平な労働の焦点は、訓練プログラムに移行。
1960    
1970s 雇用創出プログラム1930sの回帰 公的雇用プログラム(Public Employment Program: PEP)、公的サービス雇用プログラム(Public Service Employment: PSE)
1981年になって初めて、公的セクターの雇用創出プログラムは政策から消える。


◆1 Women, Welfare, and Government Work Programs

The conceptual Framework
 Gender
 Race
 Class, Capitalism, and the Logis of Production-For-Profit
 The Contradictions of Job Creation Programs
Reoief and Government Work Programs Befor the 1930s
 Principles of Early Relief
   Settlement and Local Responsibility for Relief.
   Deterrence of the "Able-Bodied Poor."
   The "Deserving Poor" and the "Undeserving poor."
   "Less Eligibility."
   "Ideology of the Dole."
   The Means Test.
   The Work-test and Workfare.
 Outdoor Relief, Indoor Relief, and Poorhouses
   Attacks on Outdoor Relief.
 The Expansion of Work Programs during Depressions
 The Contradictions of Early Work Programs
Conclusion


◆Class, Capitalism, and the Logis of Production-For-Profit

「この文脈で通用する[valid]とみなされた仕事は家の外での賃労働だけである。すなわち、家の中での不払い労働は通用するとみなされない。1960年代以降のいくつかのワークフェアプログラムもまた教育や訓練を提供したし、特に1980年代以降、訓練はたいてい限定的であった。そこで意図されたのは、特にサービス産業での、低賃金の労働に、即座に斡旋することであり、貧困ラインを超える賃金が支払われる職につながる技術を開発することではなかった。」(14)

「ワークフェアプログラムは、営利目的の生産という論理に適合的である。実際、それら[ワークフェアプログラム]は、貧困層を低賃金労働市場に送り出す[channel]ことによって、賃金コストを下げ、短期間での営利を高める。なぜなら、低賃金労働市場では、増加した労働供給によって、労働者がより高い賃金やより良い労働条件を要求するのが困難にになるからである。・・・。1600年代のワークテストのはじめから間接的な効果が存在してきた。それは、ワークフェアプログラムは、受給資格のある人々が扶助を申請するのを思いとどまらせ、代わりに、彼/女らが賃労働と/あるいは結婚に依存することをもたらす、というような効果である。」(14)



「SWDの評価は重要とみなされ「労働力実証調査団体(the Manpower Demonstration Research Corporation: MDRC)」が設立された。MDRCは非営利組織であるが、1980年代の福祉改革に多大な影響力を及ぼすようになった。」(104)


製作:小林勇人(立命館大学大学院先端総合学術研究科)
UP:20070105, 1018 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db1990/9510rn.htm
カリフォルニアのワークフェア政策文献表
 

TOP  HOME(http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/)