>HOME >DATABASE

Carpenter, Mick and Steve Jefferys, 2000, Management, Work, and Welfare in Western Europe: A Historical and Contmporary Analysis, Cheltenham and Northampotn: Edward Elgar.


Carpenter, Mick and Steve Jefferys, 2000, Management, Work, and Welfare in Western Europe: A Historical and Contmporary Analysis, Cheltenham and Northampotn: Edward Elgar. 8+266p ISBN: 1858982812 [amazon]



■Contents

List of Figures
List of Tables

1. A Western European Tradition in Management, Work and Welfare

2. The Historical Roots of Western European Management, Work and Welfare

3. Management, Work and Welfare before 1940: 'Logics' of Organization and Citizenship?

4. The Political Economy of Europe in Capitalism's 'Golden Age', 1945-75

5. Management, Work and Welfare in the 'Golden Age'

6. The Growing 'Americanization' of Western European Political Economy

7. Management in Contemporary Western Europe

8. Work in Contemporary Western Europe

9. Welfare in Contemporary Western Europe

10. The Future of European Management, Work and Welfare


Bibliography
Index




■メモ

背表紙 ・経営管理の実践と国の労使関係と福祉制度の政治的・経済的つながり
・アメリカで広く普及している市民権の「契約」モデルへの移行

1-1. A Summary of the Argument

・「1990年代以降市場の力を解放したことは、極めて強いグローバルな圧力と非宗教的な社会変化に対する不可避な対応でもなければ望ましい対応でもない。それは政治的に構築されたより強力な「アメリカ」モデルへの転換としてより良く理解できる。そのモデルとは経営・労働・福祉における市場を通した結びつきというものである。」(p6)

1-2. Combining Agency and Structure in the Rise and Decline of the European Tradition

★社会生活におけるエージェンシーの役割を新たに強調する → ソヴィエトのマルクス主義とアメリカの機能主義の両方における官僚的な傾向に対する「人文主義的な」反応(p8)

例)ギデンズの「社会組織構造(social structuration)」:エージェントによって創り出される社会的な世界というモデルを発展させる試み。だがエージェントは社会的な世界によって制約を受ける。(Giddens, A., 1984, The Constitution of Society: Outline of the Theory of Structuration, Cambridge: Policy Press.)

・筆者たちの立場はマルクス主義の立場と一致:資本主義の労働過程の要請を、単に「技術的」なものではなく、自分たちが主な受益者ではない制度に奉仕する労働者から労働を抽出するために必然的に社会的に構成されたものとして理解する。(p9)

・「国家は、地方分権化と民営化によってスリム化された生産過程を模倣し、市民権あるいは消費者主権(consumptionist)の福祉から生産を基にする「ワークフェア」に徐々に移行することによって、応答しようとしてきた。」(Jessop, B., 1990, State Theory: Putting Capitalist States in Their Place, Oxford: Policy Press. Jessop, B., 1994, 'The Transition to post-Fordism and the Schumpeterian welfarestate,' R. Burrows and B. Loader eds., Towards a Post-Fordist Welfare State?, London and New York: Routledge, 13-37.)(p10)



6. The Growing 'Americanization' of Western European Political Economy

6-1. Slower Economic Growth and Higher Unemployment
6-2. The Marketization of Europe's Finances
6-3. The Role of New Technologies
6-4. The 'Europeanization' of Business
6-5. The Political Renaissance of the Right
6-6. The Individualization of Lifestyles
6-7. Debating 'Post-Fordism'
6-8. An Outline Political Economy of Contemporary Europe



9. Welfare in Contemporary Western Europe

・1970年代終わりまでに、西欧の多くにおける国家分配型の消費を基にする福祉は、ある程度の「脱商品化」を提供し、・・・(Esping-Anderson 1990)。「ネオ・リベラルによる批判はこれを就労インセンティブを掘り崩すものとしてみなし、支援・インセンティブ・罰則を通して積極的に人々を労働市場に再統合する政策体制への転換を主張した。」(p195)

9-1. Welfare Trends and Models
European Attitudes to Welfare
Types of Welfare Regime
'Race' and Ethinic Minority Groups

9-2. Pressures on European Welfare States
The Growth of European Poverty
Eroision of the Traditional Patriarchal Family?
The Challenge of an 'Aging Europe'
Health and Health Care
Housing

9-3. Restructuring Europe's Welfare States
Ideological Challenges
Crisis in Sweden, the Netherlands and France

9-4. A Social or Neo-Liberal Europe?

9-5. Conclusion
・ヨーロッパの福祉がアメリカ化することへの危惧



製作:小林勇人(立命館大学大学院先端総合学術研究科)
UP:20060731 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db2000/0000cm.htm
ワークフェア関連年表

TOP  HOME(http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/)