>HOME >DATABASE

Mittelstadt, Jennifer, 20050209, From Welfare to Workfare: The Unintended Consequences of Liberal Reform, 1945-1965, Chapel Hill and London: The University of North Carolina Press.

Mittelstadt, Jennifer, 20050209, From Welfare to Workfare: The Unintended Consequences of Liberal Reform, 1945-1965, Chapel Hill and London: The University of North Carolina Press. (Gender and American Culture) xiii+267p $21.95(PB) ISBN-10: 0807855871[amazon](inside)

■Contents

Acknowledgments
Introduction

1. A New Postwar Paradigm for Welfare: From Comprehensive Social Welfare to Welfare Services

2. Strengthening Family Life and Encouraging Independence: Gender and the Postwar Rehabilitation of the Poor

3. Selling Welfare: The Gender and Race Politics of Coalition and Consensus

4. A "New Spirit" in Welfare: Women and Work in the Kennedy Administration

5. Doing Enough for Broken Families: The Liberal Social Agenda on Welfare, Women's Rights, and Poverty, 1962-1964

Epilogue: From Rehabilitation to Responsibility

Appendix A: Major Federal Legislative Developments in Aid to Dependent Children, 1935-1964
Appendix B: Major Federal Legislative Developments in Aid to Dependent Children Encouraging or Requiring Employment, 1956-2004
Notes
Selected Bibliography
Index


■メモ

裏表紙から

「1996年に民主党大統領ビル・クリントンと共和党支配の議会は、「我々にお馴染みの福祉を終わらせ」、過去のしがらみを劇的に断ち切るものとして「ワークフェア」を吹聴した。ジェニファー・ミッテルシュタットは、1996年福祉改革の起源を何十年も前の過去に位置づけ、第二次世界大戦直後に始まったリベラルな福祉国家において、女性・労働・福祉は絡み合う懸念事項であったと論じる。/ミッテルシュタットは、1940年代から1960年代までの要扶養児童扶助(Aid to Dependent Children: ADC)の劇的な改革を検証し、しばしば誤解されることが多いこの時期に、国の政策立案者が貧困・人種・社会における女性の役割という問題を見過ごしていなかったことを明らかにしている。しなしながら、リベラル派のなかでの公開討論や福祉に関する意見の相違は、彼女が論じるように、保守主義への転換を含めて、予期せざる帰結をもたらした。改革者たちは、貧困な母親たちのための所得支援プログラムとしてADCをそのままにしておくのではなく、女性の「リハビリ」を行うことを目的とする社会サービス・プログラムとしてADCを作り直したのであった。それは概ね労働を奨励することによって、福祉への「依存」から「自立」へと「リハビリ」を行うものであった。ミッテルシュタットは、リハビリのイデオロギー・実施・帰結を再構築し、リハビリの表面下で徹底的に精査し、福祉を受給する貧困者についてのジェンダー化され人種化された前提と、貧困・人種・家族構造・女性の雇用についての幅広い社会的懸念を明らかにする。」




製作:小林勇人(立命館大学大学院先端総合学術研究科)
UP:20070718 REV:20080719 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db2000/0502mj.htm

TOP  HOME(http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/)