>HOME >DATABASE

Greer, Ellen, 2007, Women's Immersion in a Workfare Program: Emerging challenges for Occupational Therapists, Binghamton: The Haworth Press.


Greer, Ellen, 2007, Women's Immersion in a Workfare Program: Emerging challenges for Occupational Therapists, Binghamton, NY: The Haworth Press. xviii+203p $34.00 ISBN-13: 978-0789030290 [amazon]



■Contents

Acknowledgments
Preface Judy Grossman

Ch. 1 Introduction 1
Ch. 2 Single Mothers' Transition to Self-Sufficiency 7
Ch. 3 Preparing for the Journey 25
Ch. 4 Entry into the Field: Can You Help Us Get a Job? 41
Ch. 5 Promises To Keep: Portraits of the Volunteers 57
Ch. 6 Surviving Adversity 71
Ch. 7 Workfare: Day to Day 87
Ch. 8 Insecurity: Issues and Concerns 127
Ch. 9 Impact on the Children: Problems and Solutions 133
Ch. 10 Despite False Hopes, Forced Transition Creates Growth 143
Ch. 11 Holding It All Together 153
Ch. 12 What I Have Learned: Conclusions 167

Bibliography 175
Appendices
App. A Cover Letter to Participants 181
App. B Participant Consent Form 183
App. C Sample Analytic Memos and Field Log 185
Index 197


■メモ

[裏表紙の要約]

「どのようにしてワークフェアはシングル・マザーやその子どもたちに影響を及ぼすのか?

要扶養家族への一時的扶助(TANF)を受給する単身女性たちは、自分たちが困難に巻き込まれているのは、ワークフェアを含む福祉改革の近年の変化のせいなのだ、と気付くことがしばしばある。『女性たちのワークフェア・プログラムへの没頭――作業療法士への新たな課題』が描写するのは、ワークフェア――伝統的な福祉に対する積極的なオルタナティブ――に参加する六人のシングル・マザーの道のりであり、逆境のなかで現れた母親業と仕事のバランスをとるための独特の才能や忍耐力である。この思いやりがあるとともに有益なテキストは、参加者自身の真の――詩や、演劇や、語りにおける――声を用いて、この独特な政府のプログラムにおける彼女たちの生存や成功の物語を語るのだ。」




製作:小林勇人(立命館大学大学院先端総合学術研究科)
UP:20080624 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db2000/0700ge.htm
ワークフェア関連年表 ◇ワークフェア本

TOP  HOME(http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/)