>HOME >DATABASE >WHO

下村英雄
しもむら・ひでお




■プロフィール
◇労働政策研究・研修機構
  http://www.jil.go.jp/profile/hsim.html

◇筑波大学大学院博士課程心理学研究科修了 博士(心理学)

◇専門分野・関心領域
 職業心理学、社会心理学、教育心理学

◇研究テーマ・担当テーマ
 キャリア発達とキャリア教育・キャリアガイダンスのあり方に関する研究
 進路選択および職業情報に関する研究全般

■報告書、資料など
◇日本労働研究機構編 1998 『調査研究報告書 新規高卒労働市場の変化と職業への移行の支援』日本労働研究機構 114
◇日本労働研究機構編 19991217 『調査研究報告書 変化する大卒者の初期キャリア――「第2回大学卒業後のキャリア調査」より』日本労働研究機構 129 1999.12 p.213
◇(社)中央労働災害防止協会・(社)中央快適職場推進センター 1999『快適職場システムづくり調査研究委員会報告書』

◇日本労働研究機構20000717『調査研究報告書 フリーターの意識と実態 ―97人へのヒアリング結果より―』日本労働研究機構 136
◇日本労働研究機構編 20000914 『調査研究報告書 進路決定をめぐる高校生の意識と行動 ―高卒フリーター増加の実態と背景―』日本労働研究機構 138 p.285
◇日本労働研究機構編 2001『JIL資料シリーズ 中学生・高校生の職業認知』日本労働研究機構 112 2001 p.204
◇日本労働研究機構編 2001『JIL資料シリーズ 公的機関の職業相談』日本労働研究機構 113 2001 p.291
◇日本労働研究機構編 2003『JIL資料シリーズ 小学生の職業意識とキャリアガイダンス』日本労働研究機構 138 2003 p.212

■論文など
◇1996 「大学生の職業選択における情報探索方略――職業的意思決定理論によるアプローチ」
『教育心理学研究』日本教育心理学会 44(2) 1996.6 p145〜155
◇1998 「大学生の職業選択における決定方略学習の効果」
『教育心理学研究』日本教育心理学会 46(2) 1998.6 p193〜202
◇1998 「若年者の離転職とキャリアガイダンス」
『日本労働研究雑誌』日本労働研究機構 No.453 1998
◇1999 「高卒就職の変化と高校進路指導」
『JILリサーチ』日本労働研究機構研究所 36 1999.1 p22〜25
◇1999 「高校進路選択における生徒の意識」
『季刊教育法』エイデル研究所 121 1999.9 p25〜29
◇1999 「大卒男子の離転職行動の実態と意識」
(日本労働研究機構編 19991217 『JIL調査研究報告書 変化する大卒者の初期キャリア――「第2回大学卒業後のキャリア調査」より』日本労働研究機構 129 1999.12 p1〜213)
◇1999 「従業員援助プログラム(EAP)」他
(『快適職場システムづくり調査研究委員会報告書』 (社)中央労働災害防止協会・(社)中央快適職場推進センター 1999)

◇2000 「自己分析課題がコンピュータによる情報探索および進路選択に対する自己効力に与える影響」
『進路指導研究』2000 20(1) 9-20
◇20000717 「フリーターの職業意識」
(日本労働研究機構20000717『調査研究報告書 フリーターの意識と実態 ―97人へのヒアリング結果より―』日本労働研究機構 136)
◇20000914 「高校生の進路意識と希望進路の変化」
(日本労働研究機構編 20000914 『調査研究報告書 進路決定をめぐる高校生の意識と行動 ―高卒フリーター増加の実態と背景―』日本労働研究機構 138 p.285)
◇2001 「インターネットにおける「就職サイト」利用が大学生の就職活動に及ぼす影響――追跡調査による検討」
『悠峰職業科学研究紀要』悠峰職業科学研究所 9 2001 p25〜36
◇2002 「フリーターの「やりたいこと志向」と「生きる力」(論説)」
『女子教育』目白学園女子教育研究所 No.25 2002.3 p69〜73
◇2002 「フリーターの職業意識とその形成過程――「やりたいこと」志向の虚実」
(小杉礼子編 20021203 『自由の代償/フリーター 現代若者の就業意識と行動』日本労働研究機構)
◇2003 「調査研究からみたフリーター――フリーターの働き方と職業意識」
『現代のエスプリ』至文堂 427 2003.2 p32〜44
◇2005 「大学生の就職意識――大学生という「子ども」の意識」
『IDE』民主教育協会 467 2005.2 p23〜28
◇2005 「「プロスポーツ選手」と子供の職業認知」
『日本労働研究雑誌』労働政策研究・研修機構 47(4) 2005.4 p70〜72

■共同論文など
◇下村英雄・木村周 1994「大学生の就職活動における職業関連情報と職業未決定」
『進路指導研究』1994 15 11-19
◇下村英雄・堀洋道 1994 「大学生の職業選択における情報収集行動の検討」
『筑波大学心理学研究』筑波大学心理学系編 第16号 1994.2 p209〜220

◇下村英雄・木村周 1997「大学生の就職活動ストレスとソーシャルサポートの検討」
『進路指導研究』1997 18(1) 9--16
◇下村英雄・木村周・堀洋道 1997 「大学生の職業選択における自己効力感とライフタスク」
『筑波大学心理学研究』筑波大学心理学系編 第19号 1997.3 p129〜138

◇松下由美子・木村周・下村英雄 2002 「看護識者の快適職場感――快適職場づくりのために」
『産業カウンセリング研究』日本産業カウンセリング学会 5(1) 2002.3 p10〜19
◇下村英雄・堀洋元 2004 「大学生の就職活動における情報探索行動:情報源の影響に関する検討」
『社会心理学研究』日本社会心理学会 20(2) 2004.11 p93〜105



制作:橋口昌治 UP:20051005
 

TOP HOME(http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/)