>HOME

2009年度先端総合学術研究科パートナーシップ委員会企画
「大学院に特有のハラスメントを考える」

日時:2010年2月25日(木)15:00−18:00
場所:立命館大学衣笠キャンパス 創思館401・402
講師:牟田和恵氏(大阪大学大学院人間科学研究科)
講演テーマ:「ジェンダーの視点から見る大学院のハラスメント」
司会:吉田ェ(パートナーシップ委員/先端総合学術研究科)

■開催趣旨
  先端総合学術研究科は学部を持たない独立研究科であり、そこでの学生と教員との関係構築のあり方は、通常の大学(学部)組織におけるそれとは必ずしも同じではなく、そのためいわゆるキャンパス・ハラスメントに関しても独自の問題認識と指針が必要であると考えられる。
  そこで先端総合学術研究科では、学生と教員の代表からなる「パートナーシップ委員会」を2006年3月に発足させ、研究と教育が一体である大学院に特有のハラスメントに対する問題意識を高め、共有し、よりよい学究の場を創造するための啓発活動を行ってきた。またこのパートナーシップ委員会では、2006年10月に江原由美子氏(首都大学東京、社会学・女性学)、2007年12月に前田秀敏氏(立命館大学ハラスメント防止委員会事務局長)、2009年2月に御輿久美子氏(奈良県立医科大学、NPOアカデミック・ハラスメントをなくすネットワーク(NAAH)代表理事)を外部の専門家(肩書きはいずれも当時)としてお招きし、講演やインタビューの企画を重ねてきた。
  これまで当委員会において、また上記の諸企画の中で、もっとも中心的に議論されてきたことは、「大学院という空間におけるハラスメント問題」をいかに考えるのか、それはいかにして起こるのか、そしてどのような制度設計や解決(策)がそのためには求められるのか、ということであった。
  そこで今回の企画では、ジェンダー論の専門家であり、セクシュアル・ハラスメントに関するご著書もあり、またご自身でも大学院での研究と教育に携わっておられる、大阪大学大学院人間科学研究科の牟田和恵氏をお迎えして、「ジェンダーの視点から見る大学院のハラスメント」というテーマでご講演いただく。ご講演の後、牟田氏を交えて、先端総合学術研究科の学生および教員に各自の問題関心に沿った質疑やディスカッションをしていただくための時間を設けたい。

■講師紹介
  牟田和恵(むた・かずえ)
  大阪大学大学院人間科学研究科教授。
  専門は歴史社会学、ジェンダー論。
  著書に『戦略としての家族──近代日本の国民国家形成と女性』(新曜社、1996年)、『ジェンダーで学ぶ社会学』(共編著、世界思想社、1998年)、『実践するフェミニズム』(岩波書店、2001年)、『ジェンダー家族を超えて──近現代の生/性の政治とフェミニズム』(新曜社、2006年)、『家族を超える社会学──新たな生の基盤を求めて』(新曜社、2009年)、訳書にシーダ・スコッチポル『現代社会革命論──比較歴史社会学の理論と方法』(監訳、岩波書店、2001年)などがある。また、とりわけ本企画と関連する著書として『知っていますか? セクシュアル・ハラスメント 一問一答』(養父知美との共著、解放出版社、1999年;第二版、2004年)、『セクシュアル・ハラスメントのない世界へ』(共著、有斐閣、2000年)がある。

主催:立命館大学大学院先端総合学術研究科パートナーシップ委員会


■連絡先
立命館大学大学院先端総合学術研究科パートナーシップ委員会
〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1
独立研究科事務室 先端総合学術研究科気付
立命館大学大学院先端総合学術研究科
パートナーシップ委員会
TEL:075-465-8348 FAX:075-465-8364
E-mail:doku-ken@st.ritsumei.ac.jp (@を半角に)

UP:20100125 REV:20100215


TOP HOME