>HOME >WORK

Alain Corbin Invitation Project


■このプロジェクトについて
 2004年11月頃、立命館大学大学院先端総合学術科の院生数人の集まりから、フランスの歴史家アラン・コルバン氏を先端研に招聘するための試みが始まりました。地道に構想を温め、2005年2月に読書会を開始。3月には「アラン・コルバン氏招聘を要望するメッセージ」を研究科に提出。その後も着々と活動と要請を重ねた結果、ついにコルバン氏の来学講義が決定。2006年度大学院国際先端プログラムS(客員教授S)の枠で、2007年1月に5日間の講義が行なわれることになりました(シラバス)。当初のメンバーを中心とした「コルバン・プロジェクト実行委員会」が、集中講義の一部ならびにその事前準備の企画・運営に当たります。

読書会記録

◇読書会メーリングリストについて
 読書会メンバーのための、メーリングリストがあります。現在28名参加。ML参加希望のかたは、村上潔までご連絡ください。
 [注意]このMLは、あくまで読書会用のMLです。2006年7月に、コーディネーター松原教授+プロジェクト実行委員会により講義の受講登録者に向けた事務連絡用のMLを立ち上げましたが、それとは別物です。

■事前研究会
 コルバン氏の講義までに、計3回、各回1人ずつ東京からゲスト・スピーカーを招いて行ないます。
 ◇第1回:6月10日(土) 「<アナール派>歴史学再考」 講師:福井憲彦氏 終了
 ◇第2回:9月30日(土) 「イギリスにおける「国土」の生成と低湿地帯――コルバン『浜辺の誕生』によせて」 講師:見市雅俊氏 終了
 ◇第3回:12月16日(土) 「言語論的転回が生み出した問題――歴史認識における主知主義」 講師:岡本充弘氏 終了

★☆ NEWS ☆★
◇2007年1月26日(金) 14:00〜16:10 於:末川記念会館ホール
 先端総合学術研究科シンポジウム「近現代史の問い――アラン・コルバン教授を迎えて」 終了
 *このイベントについては、『京都新聞』2月5日朝刊13面(文化面)に紹介記事が掲載されています。

 このプロジェクトは、2007年1月22日(月)〜26日(金)の講義終了をもちまして、無事成功のうちに終えることができました。ご協力いただきましたみなさまに、この場を借りて厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。

■お問い合わせ
村上潔(立命館大学大学院先端総合学術研究科)

UP:20060324 REV:随時

TOP HOME(http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/)