研究科長挨拶

 言語は人間だけに与えられた宝物です。人と人がコミュニケーションをとる際に用いられるのが言語であるのみならず、思考や認知の際にも不可欠な役割を果たします。このような複雑な記号体系をもっているのは人間だけです。こうした言語についてその諸特徴を探り、あるいは言語を教えるための専門知識を身に付けることはいつの時代でも変わることなく魅力的なことであると考えます。
 本研究科は、言語学、言語教育学を踏まえた上で、日本語・英語の教師や言語に関わる専門家を目指す人たちに門戸を開放しています。学部を出たばかりの方と言葉に関わる仕事をしてこられた社会人が机を並べて研究し、日本人と留学生とが共に研鑽を積める環境が整っています。言語は、様々な学問領域と関係しているので、学部において言語学や言語教育学に関係のある領域を専門にしたわけではない方も歓迎いたします。
 本研究科には、高性能の脳実験装置、膨大な言語データ(コーパス)を処理するための高性能コンピュータも整備され、また将来、教師を目指す方々のためには国内外での教育実習の場も用意されています。本研究科は「言葉を探り、言葉を教える」ための基盤を学び、研究する意欲のある方々を広く受け入れます。

言語教育情報研究科長 滝沢直宏