言語情報コミュニケーションコース

専任教員(五十音順)

佐々木冠

言語学、日本語方言文法記述 (立命館研究者データベースへのリンク

日本語の方言の文法記述が主な専門です。類型論や理論言語学の知見を活かして方言の形態音韻論、格、文法関係、態について分析しています。様々な言語の分析を参考に方言の文法を分析するだけでなく、方言の分析から理論的な貢献をすることも心がけています。言語接触による言語変化など社会言語学的なテーマにも関心があります。東日本の方言を中心に研究してきました。西日本の方言への理解を深めたいと思う今日この頃です。

滝沢直宏

英語学・言語学 (立命館研究者データベースへのリンク

研究領域は、英語学(特に文法・語法)及び言語研究のためのコーパス利用の方法論です。特に、(1)言語理論を踏まえた英語の文法現象の記述と説明、(2)言語の慣習的側面の記述と記述の方法論、(3)コーパスを正確に利用するための方法論に焦点をあてています。授業では、英語学とコーパス利用を有機的に関連させつつ、更に英語教育の現場も念頭におきながら、英語という言語を客観的に分析する理論的視点と分析に必要なテキスト処理技術の習得を目指します。コーパスは、決して「便利な」道具ではなく、使い方次第では有害でさえあり得ること、しかし厳密に利用すればとても大きな力を発揮し得ることを授業の中で伝えたいと思っています。

野澤和典

CALL理論と実践研究、異文化コミュニケーション研究 (立命館研究者データベースへのリンク

外国語教育や言語情報コミュニケーションの分野では、日進月歩で進化を続ける最新情報技術を利用して、コンピュータ利用の言語学習(CALL)の理論・実践的研究やe-learning環境を利用した実践研究やマルチメデイア教材開発は大変重要です。英語教育・教育工学・異文化コミュニケーションを基盤とした言語情報コミュニケーション専門家の一人として、こうした分野に関心を持つ多くの皆さんの入学をお待ちしています。

野澤和典の関連サイト