日本語教育学プログラム

専任教員(五十音順)

有田節子

日本語学、日本語の文法と意味 日本語教育学 (立命館研究者データベースへのリンク

現代日本語の文法と意味についての言語学的研究を日本語教育に活かすことを目指しています。日本語のみならず、さまざまな言語の文法現象の分析に適用可能な枠組みで研究を進めることにより、さまざまな母語を持つ学習者に対する日本語教育に貢献したいと思っています。特に、日本語非母語話者の日本語教育者、日本語研究者にとって本当に必要な知識・技能とは何かについて常に考えながら研究・教育に取り組んでいます。

大野 裕

日本語教材開発(コンピュータ利用含む)、日本語教育学、日本語学 (立命館研究者データベースへのリンク

自分自身が学んだり働いたりした大学を数えてみると、立命館は7つ目になります。新しい研究室に入ったばかりですが、とても活気のある大学だなあと思いま す。 立命館での私の主な仕事は、留学生のみなさんに日本語を教えることと、言語教育情報研究科で将来、日本語を教える立場になる人たちにプログラミング等を教えることです。どちらも、今までやってきたことですが、やはり新しい環境になると緊張します。 学生時代の専門は言語学でしたが、日本語の教科書を作ったり(『げんき』)、コソボ紛争に関する翻訳をやったり(チョムスキーの『アメリカの「人道的」軍事主義』)、テキストの電子アーカイブ化の活動に加わったり(青空文庫)、のびのびと生きてきました。新しい職場で、同僚の先生方や学生のみなさんから、また新たな刺激を受けられることを楽しみにしています。(すみません。これ、立命館に赴任した時に書いたままです。)

北出慶子

第二言語学習、第二言語教師成長、日本語教育 (立命館研究者データベースへのリンク

社会文化的側面に焦点を当てたアプローチでの言語学習や言語教師研修の研究をしています。グローバル化やネット社会という急激な社会変化の中で特に興味を持っている研究テーマは、2つです。1つは、より良い多文化共生社会を作るために必要となる言語能力や言語教育は、従来のものとどう違うのか、そして、どうすればそのような能力を伸ばすことができるのか、という点です。具体的には、多文化間コミュニケーションの談話分析、留学による学習者のアイデンティティ変容を分析しています。

もう1つは、第二言語研究における質的研究の意義とその水準向上への取り組みです。社会文化的側面と言語学習や言語教育成長の関係を見るためには質的分析が必要となりますが、研究手法としてのこれからの発展が重要だと考えています。皆さんと一緒に新しい社会のための言語研究をするのを楽しみにしています。

遠山千佳

第二言語習得(談話の習得、特にトピック構造の習得)、日本語教育学 (立命館研究者データベースへのリンク

日本語学習者の母語が談話の構造にどのように影響し、日本語の習得とどのように関係するかを、主にトピック構造をテーマに研究しています。文よりも大きなまとまりとしての談話は、母語のほか、母語文化や話し手(書き手)・聞き手(読み手)の事態の認知の仕方などが複雑に絡み合ったり競合したりして、その談話の参加者らしい談話を構築していきます。その人らしくていいし、語彙も文法も間違っていないのに、「わかりやすい」と言われたり「なんか変」と言われたりするのはなぜ?ということを、係助詞の「は」を中心に分析しています。コミュニケーションとも深くかかわる興味深い分野です。

また、私が日本語教育に関心を持ち始めたのは高校生のときでしたが、そのきっかけとなった、年少者の日本語教育、地域の日本語教育にも最近関わっています。

平田 裕

日本語学、言語変化、日本語教育学(立命館研究者データベースへのリンク

日本語教育学、日本語学が専門です。日本語教育においては、更に実践的な語学教育方法の追求、日本語学・言語学においては、文法の成り立ちにおける言語学的な必然性と、歴史的/社会的必然性(偶然性)の相関を研究していきたいと考えています。競合する語形/表現から生まれる使い分けや取捨選択、様々な言語/方言で見られる共通の現象、似ているけれども少し違う現象など、言語学で学んだ「ことば」の豊かさは、今の私の仕事の土台になっています。クラスでは「ことば」の多様性や豊かさを感じられるような教え方ができればと思っています。

Lee凪子

対照修辞研究、対照語用論 (立命館研究者データベースへのリンク

言語学と言語教育の接点を探る

広島大学在学中に文部省交換留学生として西オーストラリア大学に留学したのがきっかけで、大学院は修士(オーストラリア国立大学)、博士(ハワイ大学)とも海外。学部では英語教育が専攻でしたが、海外に出てから外国人に日本語を教え始め、それまで気がつかなかった母国語の規則性に魅せられました。それで、大学院では言語学を専攻し、以来客観的に日本語を分析する事を課題としてきました。

博士論文では日本語の補文構造に焦点をあて、これらを説明すべく語と語の共起、依存関係を、ハワイ大学のスタロスタ教授によるレクシケースという生成文法の手法を用いて分析、記述しました。これに修正を加え、日本語にした『日本語の補文構造』は1995年12月にくろしお出版より刊行されました。1996年~97年にはUBCジョイントプログラムの派遣教員として、異文化間コミュニケーションを担当し、その研究結果は“Speech Act Realization Patterns of Japanese Refusal”に収められています。最近は留学生に対するアカデミック・ライティングに関心があります。