2017/09/10

※終了しました 2017年9月10日(日) 第11回NINJALフォーラム「オノマトペの魅力と不思議」開催のお知らせ

来る9月10日(日)、国立国語研究所主催・立命館大学大学院言語教育情報研究科共催により、第11回NINJALフォーラム「オノマトペの魅力と不思議」と題した公開シンポジウムが開催されます。参加をご希望の方は、こちらのウェブサイトから申し込んで下さい。先着400名まで参加でき、参加費は無料です。

日時:2017年9月10日(日)13:00〜16:50 <12:20開場>
場所:立命館大学 大阪いばらきキャンパス AN110講義室
   →交通アクセスキャンパスマップ
会費:無料

<プログラム>
13:00 開会挨拶 影山太郎(国立国語研究所長)
    趣旨説明 窪薗晴夫(国立国語研究所副所長)
13:15 〈司会 窪薗晴夫〉
    報告1 オノマトペの意味は変化するか? 小野正弘(明治大学)
    報告2 オノマトペにも方言があるか? 竹田晃子(立命館大学)
14:15 休憩
14:30 報告3 外国語にもオノマトペはあるか? 秋田喜美(名古屋大学)
    報告4 外国人は日本語のオノマトペを使えるか? 岩崎典子(ロンドン大学SOAS)
    報告5 「もふもふ」はどうやって生まれたか? 坂本真樹(電気通信大学)
16:00 〈パネルディスカッション〉
    コーディネーター:窪薗
    パネリスト:小野、竹田、秋田、岩崎、坂本
16:50 閉会挨拶 滝沢直宏(立命館大学大学院言語教育情報研究科長)

案内チラシもご参照ください。