2017/09/14

※終了しました 2017年9月14日(木) 2017年度第1回多文化共生をめざした日本語教育プロジェクト講義&ワークショップ「協働の理念に基づくケース学習」開催のお知らせ

来る9月14日(木)、立命館大学衣笠キャンパスにて、2017年度第1回多文化共生をめざした日本語教育プロジェクト講義&ワークショップ「協働の理念に基づくケース学習」を開催します。

今回は、協働学習の1つであるピア・レスポンスを日本語教育の分野に導入された池田玲子先生と、協働による内省に基づいてビジネス日本語教育等を進めていらっしゃる金孝卿先生を講師としてお迎えし、協働の理念に基づいた学習体験をしたり自作教材を考えたりします。参加費は無料です。(案内ポスターもご参照ください)

日時:2017年9月14日(木)14:00-17:00
場所:立命館大学 衣笠キャンパス 創思館303・304教室
   →交通アクセスキャンパスマップ
講師:池田玲子先生(鳥取大学教授)、金孝卿先生(大阪大学准教授)
会費:無料

<内容> テーマ:協働の理念に基づくケース学習
● 講義:大学教育の質的転換と日本語教育における協働学習
● ケース学習の実践紹介と学習体験
● ワークショップ:ケース学習のための自作教材を考える ~課題を文脈化し、創造的な課題を立てる~」

資料準備のため、参加を希望される方は、メールにて申し込みをお願いします。
申し込み先 :遠山千佳<tohyama@law.ritsumei.ac.jp>
申し込み方法:メール件名は「WS参加希望」とし、お名前、ご所属をお送りください。
申し込み期限:2017年9月8日(金)

ご参加、心よりお待ち申し上げています。