2018/03/24

※終了しました 2018年3月24日(土)水野和穂先生(広島修道大学教授)による学術講演会開催のおしらせ

立命館大学国際言語文化研究所・言語教育情報研究科共催で、来る3月24日(土)水野和穂先生(広島修道大学教授)をお迎えし、下記のとおり学術講演会を開催いたします.

日時:2018年3月24日(土)15時~17時
会場:立命館大学 衣笠キャンパス 研心館631教室
衣笠キャンパス→交通アクセス/キャンパスマップ/
※事前申込み不要・参加費無料。どなたでもご参加いただけます
講師:水野和穂先生(広島修道大学教授)
演題:「後期近代英語研究の諸問題」
<概要>
講演では、まず従来の英語史研究において、後期近代英語研究が古英語や中英語研究と比べて軽視されていたことを振り返ります。次に、1990年代以降の後期近代英語研究の発展とその記述と説明がまだ不十分なトピックを指摘したいと思います。そして、後期近代英語に関するコーパスについて概観した後、研究事例として、標準英語成立過程でしばしば指摘されるいくつかの異綴り字と語法の問題について、コーパスを用いた調査結果をお話し、後期近代英語研究の今後の方向性を考えます。