立命館大学図書館
Ask a Librarian(利用相談) よむりす
区切り線
立命館大学図書館のホームページは2013年4月3日に以下のURLに変わりました。
http://www.ritsumei.ac.jp/library/
 
加藤周一文庫
TOPページ 

加藤周一先生の経歴と写真

 加藤周一(1919-2008)は、戦後日本を代表する国際的な知識人である。東京府立第一中学校、第一高等学校を経て、東京帝国大学医学部を卒業(1943)。早熟の誉れ高かったが、加藤は、中学生のころから日本の抒情詩に親しみ、『万葉集』『新古今和歌集』『拾遺愚草』『金槐集』『山家集』『建礼門院右京大夫集』などを愛読した。

 医学部在学中から文学部フランス文学科の教室に出入りし、渡辺一夫の薫陶を受けた。また法学部の川島武宜とも知り合った。渡辺と川島の知己を得たことは、加藤が戦時中に正気を保って時代と向き合うことを可能にした大きな理由であろう。

 加藤の思考の特徴は合理主義に基づくすぐれた論理的分析力にあるが、戦時中の狂信的な国家主義の風潮から遠く離れたところに身をおいた。そして、戦後いちはやく、天皇制批判、知識人批判を展開することになる。

 フランスに留学し(1951)、医学研究(血液学)に従いながら、フランス文学をも修め、文学研究の方法も学び直し、さらにヨーロッパの文化・芸術を精力的に見て歩いた。

 フランスから帰国した直後に発表した「日本文化の雑種性」(1955)は、当時の論壇に衝撃を与えた論考である。フランス留学は加藤に大きな影響を与えたが、帰国後にフランス文学研究には向わずに、日本文化研究に向うことになる。

 1960年から10年間、ヴァンクーヴァー(カナダ)のブリティッシュ・コロンビア大学で日本文学史・日本美術史を講ずる。この10年は加藤自身も「蓄積の時代」と呼んだが、日本文学史・日本美術史を中心にして厖大な「ノート」を作成した日々である。

 10年の蓄積を経て加藤は自らを完成させ、自らを完成させたときに半生記『羊の歌』(1968)を著した。

 蓄積が花開くのは1970年から80年代にかけての20年である。この間に加藤の代表作『日本文学史序説』(上巻は1975、下巻は1980)や『日本 その心とかたち』(全10巻、前半5巻は1987、後半5巻は1988)が刊行される。

 加藤の日本文化論の集大成として著されたのが『日本文化における時間と空間』(2007)である。さらに、加藤と同じく医者にして文学者である森鴎外、斎藤茂吉、木下杢太郎を通して、近代日本知識人の精神史を描こうとした構想は、残念ながら未完のままに終った。

 加藤の生涯のほとんどは執筆活動と大学教員活動とに費やされたが、日本では東京大学、明治大学、上智大学、立命館大学、佛教大学で教鞭をとった。日本の大学のみならず、海外の大学からもしばしば招かれ、ブリティッシュ・コロンビア大学、ベルリン自由大学、イェール大学、ジュネーヴ大学、ブラウン大学、ヴェネツィア大学、コレヒオ・デ・メヒコ大学、北京大学、香港大学などで、学生との交流を愉しんだ。

 加藤は詩人の感性と科学者の方法を兼ね備えた稀有の知識人であると同時に、その言動は、親友を戦争で失った経験に深く根ざしていた。それゆえに戦争につながるいかなる動きにも「怒り」をもって反対しつづけた。そのあらわれが晩年の「九条の会」への積極的な参加である。今日、時代は困難な状況にある。しかし、加藤は困難に直面しても決して希望を失うことがない。希望を失わない限り敗北はない。加藤から学ぶべきはまさしくこの「希望の精神」に違いない。

 加藤が残した20,000冊の蔵書と厖大な資料(未発表)は、遺族によって本学図書館に寄贈され、蔵書の一部は2015年の公開を目指して、その整理作業を進めている。


topへ

区切り線