戦後日本における「主婦」の「労働」 をめぐる思想と運動の同時代史

村上 潔

本論文は、「戦後日本における「主婦」の「労働」をめぐる思想と運動の同時代史」を、主に歴史学的な分析から明らかにするものである。
 戦後日本においては、「主婦」が「働く」ことに関する論争・議論・提言が多くなされ、様々な側面からの「評価」が与えられてきた。しかし従来の研究では、その対象となる当事者側の葛藤・反応や主体性などは十分に検討されてこなかった。本論文の目的は、@それら「評価」の傾向を把握し、その課題/限界性を指摘したうえで、A主婦当事者たちによる多様な自律的実践の歴史を掘り起こし、「評価」に対置させることによって、その思想=運動のもつ意義と可能性を論じることである。
 具体的な対象としては、@は「主婦論争」【第1章】と初期のパート労働評価【第2章】を、Aは東京・国立市公民館による主婦を対象にした市民セミナーの記録【第3章】と、東京・多摩を拠点とした、主婦であり(ウーマン)リブである女たちのネットワーク〈主婦戦線〉【第4章・第5章】ならびにそこから派生した〈主婦の立場から女解放を考える会〉・〈パート・未組織労働者連絡会〉【第6章】をとりあげる。時代としては1955年〜1980年代をカヴァーする。
 本論文ではまず、主婦は「(外で)働くべき」という規範と「働かないこと」を積極的に評価する立場とのせめぎあいという構図からは、そもそも「働かざるをえない」主婦/女性の層が不可視化されてしまうことを指摘した。そして、そうした「働かざるをえない」層が多く滞留する「パート労働」のありかたについてなされた評価も、現実と乖離した楽観論や大きな労働運動の枠組みへの啓蒙・動員的な傾向が強く、本質的な問題解決にはつながらなかった。
 いっぽう、様々な評価によって「主婦」の価値が揺らぎ、自らのアイデンティティを改めて獲得し直す必要に迫られた主婦当事者たちは、主体的かつ自律的な共同思考から、主婦そして女性総体が家庭のみならず労働を含むあらゆる場において置かれている状況を「主婦的状況」と定義し、その問題の実像を見据える段階に到達した。
 そして、「主婦的状況」概念を獲得した当事者たちは、現代社会が女性を取り込むシステムを透徹した目線で捉えながら、「雇用における男女平等」を目指す女性運動などとは異なる地平から、独自の「労働」をめぐる思想構築の模索を続け、同時に現在に先駆けた斬新な運動を展開したのである。