HOME 国際地域研究所について 研究プロジェクト 刊行物 講演会・シンポジウム

HOME 国際地域研究所について 所長のあいさつ

所長のあいさつ







 
 国際地域研究所は、1989年の設立当時から、国際学(international studies)と地域研究(area studies)の連携や融合をビジョンに掲げていました。今から見れば、それは先駆的でチャレンジングなビジョンであったと思います。なぜかといえば、この2つは従来それぞれ違ったものをみてきたからです。
 国際学は、国家を横断する様々な問題や取り組みを研究対象にします。例えば、環境破壊や貧困、紛争や難民といった問題です。それらは一国だけではなく国際的な対応が求められる課題であると認識されてきました。問題の解決には、どのような国際基準を作って、どのように国際協調を進めていくべきか――こういう発想が大事になります。
 しかし、地域研究のほうは、あまり地球規模の問題とかではなく、特定の場所に住んでいる人たちの生き様や社会に関心を持っている場合が多く、そこに存在する「固有性」を「発見」することに醍醐味があります。ですので、国を超えた普遍性や共通性といった議論には、おおかた関心を示さないできたか、次元の違う話ということで、相手にしてこなかった傾向があります。つまり国際学と地域研究は、従来あまり仲のよい関係にはなかったということです。
 その両者の「結婚」こそが21世紀に求められる研究パラダイムであるということを証明していく――これが国際地域研究所のミッションです。歴代の所長は、時代を先取りして、その価値観を大事にしてきました。実際、グローバル化が急速に進む現在、我々のミッションは、いっそう重要性を増していると思われます。
 そのことは、私自身が日々取り組んでいる研究分野でも明らかです。例えばテロや人身取引、麻薬密輸などの「国境を越える犯罪」は、今やグローバルな脅威であり、国際連携によるマルチな対策が求められています。ではどういう連携と対策が効果的か。ここは国際学が関心を持つところです。でも、その文脈で導入された対策を実施した結果、逆に状況が悪化することも少なくありません。そういう時こそ、各地のローカルな犯罪の実態を理解している地域研究からの発信が重要で、その知見を政策に活かす努力がなされるべきです。
 その意味で、地域研究も大きく変わる必要があると自戒を込めて思います。ミクロレベルの「固有性」は大事ですが、その蛸壺に住む心地よさから一歩踏み出し、より広域な政策議論にコミットしていく必要性が高まっています。その一歩となるのが、国際学との対話の強化です。
 国際地域研究所は、その対話の場所です。日本において、この対話の重要性を早くから意識し、制度的に推進してきた研究所は、他には見当たりません。その意味で、本研究所の活動には大きなポテンシャルと魅力があるはずです。その魅力をどこまで学内外に発信できるかが、所長としての私に課さられたミッションだと思っています。 

 立命館大学国際地域研究所 所長  
 本名 純


Home | Contact | Link Copyright (c) 2008 立命館大学国際地域研究所 All Rights Reserved.