HOME 国際地域研究所について 研究プロジェクト 刊行物 講演会・シンポジウム

HOME 研究プロジェクト 2008年度 HDPプロジェクト

HDPプロジェクト
研究課題:地域環境情報を核とした人間・社会・経済次元に関する研究
研究代表者:政策科学部教授 高尾 克樹
 HDPプロジェクト研究会は、地球環境変動と地球環境管理のための新たな政策的枠組みを構築するための文理融合型のジョイントプロジェクトを推進している。そのため、本プロジェクトでは3つのサブプロジェクトごとに人文社会科学系と理工学系の研究者が密接に連携しながら研究を進めている。

1) 「地球環境変動に対応する地域炭素削減のためのカーボン・マイナス・プロジェクト」では、廃棄物処理システムの構築と、その排出権取引制度の仮想システムの開発及び地域内排出権取引システムの試験的構築を目的として活動している。

2) 「地域環境負荷低減のための人材開発育成プロジェクト」では、ゲーミング&シミュレーションを用いて、環境負荷削減管理士資格の将来的な確立に向けた教育・学習プログラムの開発を行っている。

3) 「リスクコミュニケーションを生かした地域環境共生プロジェクト」では、中山間地域を対象とし、人口減少期というリスクを核とした合意形成手法の開発、住民の直接参加による将来ビジョン作りの手法開発を行っている。 2008年度はプロジェクトの最終年度であることから、国内外での学会発表・論文投稿を通じて成果の実質化を図ることに重点を置いている。


Home | Contact | Link Copyright (c) 2008 立命館大学国際地域研究所 All Rights Reserved.