HOME 国際地域研究所について 研究プロジェクト 刊行物 講演会・シンポジウム

HOME 研究プロジェクト 2009年度 メコン川開発研究会
メコン川開発研究会
研究課題:ASEAN・Divideの克服とメコン川地域開発
研究代表者:経済学部教授 西口 清勝
 ASEANは今「域外」と「域内」とから二つの大きな課題を突き付けられ、それらに応えなければ念願の「ASEAN共同体」の実現(2015年)は困難になる状況にある。「域外」からの課題とは、中国との新たな関係の構築を指す(「ASEAN・中国自由貿易協定」)。中国のASEANへの浸透、とりわけインドシナ4カ国(カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム)においては、日本を凌駕するほどその存在感を高めている。他方、「域内」からの課題とは「ASEAN・Divide」(ASEAN内での格差拡大)であり、これを放置しておけば経済統合を通じて「ASEAN共同体」を構築することなど画餅に終わる。この場合もインドシナ4カ国が重視されている。というのも、後発インドシナ4カ国と先発ASEAN6カ国(ブルネイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ)との格差が大きいからである。「域外」と「域内」が交差するのがインドシナ4カ国であり、その開発のための最大のプロジェクトがメコン川地域開発であることはいうまでもない。本研究の目的は、「ASEAN・Divideの克服とメコン川地域開発(GMS)」、の問題に取り組むことにある。

2009年度活動計画
 研究プロジェクトの今年度(2008年度)の成果を踏まえて、2009年度の科研費に応募したところ、採択された。採択の決まった科研費の内容は、次の通りである。

基盤研究(B)海外学術調査 
 研究課題 ASEAN・Divideの克服とメコン川地域開発(GMS)に関する国際共同研究
研究代表者  西口 清勝 (経済学部)
 研究期間 2009-2011年度の3年間

2009年度の主な研究計画・活動は、以下の通りである。
1.GMSの東西経済回廊と南部経済回廊の現地調査を9月に行う。
  1)東西経済回廊については、タイを拠点にしてラオスのビエンチャンとサバナケットの現地調査を行う。
  2)南部経済回廊に関しては、プノンペンの現地調査を行う。
2.調査後、ラオス国立大学でワークショップを開催し、意見交換を行い研究を深める。

2009年度活動報告
1.  2009年8月19日―9月2日の期間に、GMSの「東西経済回廊」と「南部経済回廊」の現地調査を行った。前者に関しては、タイを拠点にしてラオスのビエンチャンおよびサバナケットの現地調査を、①運輸・通信および電力開発、②国境間の貿易・投資および観光、③外国資本とラオス経済の開発、④環境保全、等を中心に行った。後者に関しては、プノンペンを中心とする外国資本の活動とカンボジア経済の開発に焦点を絞って行った。
   
2.  2010年3月7日-13日の期間に、中国のGMSに対するゲイトウエイである雲南省に出張し、①雲南大学との共同セミナー「GMSをめぐる日中関係」を開催し研究交流を行い、②「南北経済回廊」(昆明-バンコク・ルート)の現地調査を行った。後者については、昆明から景洪までの進捗状況ならびに中国とラオスおよびミャンマーとの国境貿易の現状について調査を行った。
 
立命館大学・雲南大学共同セミナー概要報告

2014年度2013年度2012年度 2011年度 2010年度2009年度2008年度

To English Page >>

Home | Contact | Link Copyright (c) 2008 立命館大学国際地域研究所 All Rights Reserved.