HOME 国際地域研究所について 研究プロジェクト 刊行物 講演会・シンポジウム

HOME 研究プロジェクト 2010年度 ヒューマン・トラフィキング研究会
ヒューマン・トラフィキング研究会
研究課題:東アジアにおける人身取引と法制度・運用実態の総合的研究
研究代表者:衣笠総合研究機構・教授 大久保 史郎
2010年度研究計画
基盤研究(B) 
 研究課題 東アジアにおける人身取引と法制度・運用実態の総合的研究
研究代表者  大久保 史郎 (衣笠総合研究機構)
 研究期間 2010-2012年度の3年間

 人身取引研究のポイントは体系的、学際的な調査・研究が国際的にも未確立であることである。
日本では、未だ個別的な実態調査・研究が散見されるにとどまり、実態把握の点でも、対策と法整備の点でも,著しく立ち後れている。採択された科研申請では、
①日本の出入国管理と刑事司法の法制度・運用の現状分析
②低賃金労働としての研修生・技能実習生の形態をとった人身取引の実態分析と法制度上の
  問題点の解明 
③国際結婚・養子縁組・虚偽認知の形態をとった人身取引の事例分析 
④被害者実態に即した保護・救済・権利保障という視点からの制度・実態分析
⑤上記の諸課題に関する各国比較調査
⑥人身取引をめぐる学際的な研究の課題設定と方法的な検討、そのための国際的な調査・研究
  ネットワークの構築を目ざす。 
 
 本研究は3年間の継続ができることになったので、今年度は、まず、
ⅰ)体制整備(研究ネットワークの構築、事務局の確立など)、
ⅱ)人身取引-性産業の法実証的分析として、タイとフイリピンを重点調査するチームを発足させる。
ⅲ)出入国行政の実態調査として、関係記録の分析を試みる。これは資料的に困難な作業となる
  だろう。その他、過去10年の売春防止法有罪判決の分析や、国際結婚・国際養子縁組などの
  法実証的研究を行う。労働搾取を目的とする人身取引の実証分析は次年度の重点とする。 

ニューズレター 発行日
  No.1 第1回全体会合 2010年12月27日
  No.2 フィリピン班現地調査報告 2011年1月22日
  No.3 ワシントンでの出版セミナー、タイ班現地調査報告 2011年3月12日
  No.4 姫田行政書士訪問、法務省入国管理局インタビュー他 2011年3月28日


2014年度2013年度2012年度2011年度2010年度2009年度2008年度

Home | Contact | Link Copyright (c) 2008 立命館大学国際地域研究所 All Rights Reserved.