HOME 国際地域研究所について 研究プロジェクト 刊行物 講演会・シンポジウム

HOME 研究プロジェクト 2011年度 冷戦史再検討プロジェクト
冷戦史再検討プロジェクト
研究課題:20世紀国際関係史の中の「冷戦」の境界―冷戦史再検討の試み
研究代表者:国際関係学部教授 益田 実
 冷戦史をめぐり近年新たな視点の必要性を指摘する研究は現れ始めているが、今なお国際関係史の中での冷戦の位置づけは多くの未検討領域を残している。「冷戦とは何か」という問題意識に基づき多様な事象に注目する研究は増大しているが、多くはいたずらな視野の拡散を招くのみであり、冷戦期国際関係事象の「どこまでが冷戦でありどこからが冷戦ではないのか」という点の厳密な検証が不充分である。本研究はこの問題意識に基づき「冷戦と非冷戦の境界」を明確にし、国際関係を一様に覆う同時代的ラベルとしての冷戦観から、多様な対立の集合体としての冷戦観へと認識の移行を促し、20世紀後半の国際社会のより正確な認識を可能にする点に社会的意義がある。

2011年度研究計画
 2011年度はまず、科研費基盤(B)の交付を受けるメンバーが8月から9月にかけ一次史料を関係諸国公文書館に赴き収集する。益田は英国立公文書館にて70年代の通貨問題文書を、小川はコモンウェルス事務局にて70年代の対南アフリカ武器輸出関連文書を、山本は仏外務省史料館にて70年代後半東西欧州関係関連文書を、妹尾は独連邦文書館にてブラント政権東方外交関連文書を、齋藤は英国立公文書館にて広報政策関連文書を、三宅は中国外交部公文書館(北京)にて国交樹立外交関連文書を、青野はケネディ大統領図書館及にてキューバ革命関連文書の収集を行う。この作業の後、村上の協力も得て、収集資料の詳細なカタログ化作業を行い、文書の分類とその時系列的整理を行う。上記作業と並行して、11月の日本国際政治学会欧州国際政治史分科会で、山本司会、妹尾報告、益田コメントの報告セッションを開催し研究構想全体について広く専門家の見解を仰ぐ。2011年度秋から冬には、本プロジェクト参加者と内外の冷戦史研究者との合同による冷戦史研究会を開催し、個別事例についての報告とそれに対するコメントを求める。また2013年度を見越した研究成果の研究書としての公刊のための出版企画立案作業も行う。

2011年度研究会

国際
ワークショップ
  2012年2月15日(水)13:00-18:00 
 立命館大学・学而館第2研究室(衣笠)

チラシ(PDF)
  冷戦の「境界」を求めて
 the Cold War History:
 Exploring the Boundaries of the Cold War
   プログラム詳細はこちら(PDF)をご覧ください。
 プログラム 13:00-15:30 Sessions 1: Presentations & Discussion
  New trends of studies of the Cold War history during the 1960s

 Chair: Prof. Minoru MASUDA (Ritsumeikan University)

Dr. Garret MARTIN (The George Washington University)
 Challenging Cold War Orthodoxies
 - General de Gaulle's foreign policy in the 1960s

 Discussant: Prof. Yuko TORIKATA
        (Doshisha Women's College of Liberal Arts)

Dr. Naoto TSUZAKI(Kyoto University)
  West Germany's Foreign Policies during the 1960s

 Discussant: Dr. Tetsuji SENOO (Doshisha University)

Dr. Tomoaki MURAKAMI (Ristumeikan University)
  Japanese foreign policy and the Cold War in the 1960s

 Discussant: Dr. Yu TAKEDA(University of Tsukuba)

 Discussion

15:50-17:50 Session 2: Lecture & Discussion
  FRUS and studies of the Cold War history
 
  Chair: Prof. Minoru MASUDA (Ritsumeikan University)

Dr. Louise WOODROOFE (Office of the Historian, US Dept. of State)
 "Truth can be a far more potent weapon": FRUS and the Cold War.

 Discussion

2011年度

Home | Contact | Link Copyright (c) 2008 立命館大学国際地域研究所 All Rights Reserved.